蓮花、デビューアルバム「星の羽ばたく夜は」DIMENSION小野塚晃ら豪華クリエイター参加

2018年11月22日 12:00
蓮花「星の羽ばたく夜は」

蓮花(れんか)のデビューアルバム「星の羽ばたく夜は」が2019年1月23日にリリースされる。

今作は、AKIHIDE(BREAKERZ)、岡本仁志(ex.GARNET CROW)、徳永暁人(doa)、 小野塚晃(DIMENSION)、 KAZUYA(univers)、大西俊也(BAND-MAID提供)、川浦正大(AKB48提供)、ツカダタカシゲ(欅坂46提供)など、J-POP界を代表する豪華クリエイタ ーが参加し、蓮花の歌声の魅力を最大限に引き出している。まさに最先端の多彩なサウンドに仕上がった。

今年7月の3周年記念ライブで披露された新曲5曲を含む全12曲をライブのセットリスト順に収録し、ボーナストラック1曲を加えた全13曲を収録。

初回限定盤にはチケット即完となったそのプレミアムな3周年記念ライブの本編9曲を収めたDVDも付いており、ライブバージョンと併せて楽しむことができる。

アルバムタイトルとなっている「星の羽ばたく夜は」は、蓮花が支えてくれた人全てに贈る感謝の思いを込めた渾身の1曲となっている。

自身も「夢を叶えるには、苦悩や葛藤と闘い抜いていかなければいけない、ということを全身で感じながら、今まで歩んできました。『孤独』に耐えるのが使命だと思っていました。でも、周りで支えてくれるスタッフの方々とファンの皆さんに出逢えてから、『独りだけど、1人じゃないんだ。』ということ、そして『目に見えないものの大切さ』にも気づかせてもらいました。届けずにはいられない、深い感謝の気持ちをこの曲に乗せています。たくさんの「ありがとう。」が、あなたに伝わりますように」と話す。その思いはアルバム全体にも広がり、より多くの人に聴いていただきたい1枚となった。

また、ボーナストラックには蓮花がデビューするきっかけとなったニンテンドー3DSソフト「ファイアーエムブレムif」のテーマ曲「if〜ひとり思う〜」の特別コラボバージョンを収録。

ゲームのヒロイン”アクア”の歌を担当した蓮花と声を担当したLynnが夢の共演。2人のアクアが奏でるその調べはまさに奇跡。聴き逃せない、1曲だ。