白濱亜嵐主演ドラマ「ハピゴラ!」GYAO!で無料配信 関口メンディーも幼馴染役で出演

2018年11月19日 17:00
ドラマ「ハピゴラ!」場面写真

EXILE / GENERATIONS from EXILE TRIBEメンバーの白濱亜嵐が主演するオリジナルドラマ「ハピゴラ!」(全5話)が11月30日よりGYAO!で無料配信される。

本作は、映画『パークアンドラブホテル』で日本人初となるベルリン国際映画祭最優秀新人作品賞を受賞した熊坂出が監督・脚本を担当したオリジナルドラマ。

白濱亜嵐演じるサラリーマンの拓也がひょんなところから何者かに追われる社長令嬢のお嬢様を助けるというドタバタ騒動を描いたストーリー。

ドラマタイトル「ハピゴラ!」は“ハッピー・ゴー・ラッキー ”の略語であり、何者かに追われるお嬢様を助けるという非常事態においても「いつも前向きで楽しく」という本作品のテーマそのものを表現している。
 

ドラマ「ハピゴラ!」場面写真


主人公・拓也(白濱亜嵐)とともに社長令嬢を助けることになる拓也の幼馴染・マンズには、EXILE / GENERATIONS from EXILE TRIBEの関口メンディー、何者かに追われる社長令嬢・マエを4年ぶりのドラマ出演となるE-girlsの須田アンナが演じる。

そのほか、物語のキーマンとなる謎の女性・節子役には西田尚美、さらに社長令嬢・マエを追う男・藪池には田口トモロヲといった豪華俳優陣が脇を固める。

白濱亜嵐 コメント
初めに台本を読んだ時は、どうやって役を演じたらいいのかを自分自身でも考えたんですが、実際に監督さんとリハーサルをやっていく中で、台本を読み返しながら役を作っていけたので、クランクインをする頃には拓也という役を自分なりにイメージできていたように思います。
今回演じさせていただいた拓也のような人間は、僕の周りにもいるんだろうなと思います。毎日の仕事でいっぱいいっぱいになってしまって前向きな気持ちがあまり持てないでいたり、昔はやんちゃだったのに今はまじめに働いていたりする人っていると思うんです。そういうどこにでもいるキャラクターだと個人的には感じています。
一見すると逃亡劇なので非日常に感じる部分もあるかと思いますが、観てくださる方々それぞれに共感できる点があると思いますので、ぜひ楽しんでご覧いただきたいです。

須田アンナ コメント
今回この「ハピゴラ!」という作品で久しぶりにお芝居をやらせていただいたのですが、改めてこれからもお芝居をしていきたいと心から思える現場でした。この撮影は短いようで長く、自分自身にとって今後につながるとても濃密な時間となりました。
演技が大変な部分もありましたが、この作品で得られた経験を糧に今後もお芝居にも向き合っていければいいなと思っています。

関口メンディー コメント
ドラマの現場は今作が初めてだったのですが、毎回撮影現場が新鮮で楽しく、学ぶことが本当に多かったです。特に僕が演じたマンズは自分自身と通ずる部分も多くて、マンズという役柄を通して教えられることも多かった気がします。このドラマの撮影を経験できたことで、お芝居の世界が好きになりました。
ぜひみなさまにも楽しくご覧いただければ嬉しいです。