土屋太鳳×北村匠海×亀田誠治プロデュースのTAOTAK「Anniversary」、映画「春待つ僕ら」主題歌に決定&MV公開

2018年11月14日 14:30
TAOTAK


女優・土屋太鳳、俳優・北村匠海が結成した音楽ユニット「TAOTAK(タオタク)」の「Anniversary」が、2018年12月14日公開となる映画「春待つ僕ら」の主題歌に決定した。

11月16日配信限定リリースされる楽曲は、プロデュースを亀田誠治氏が手掛け、「聴いた人を元気にできて、仲間を大切に想うメッセージを伝えたい!」という想いから、桜井和寿(Mr.Children)とラッパー GAKU-MCによるユニット・ウカスカジーが2016年に発表した「Anniversary」をカバーし、話題を集めている。

同曲は、2人が主演を務める、12月14日公開の映画「春待つ僕ら」の主題歌に決定。

そして、土屋・北村のほか、同映画で共演した俳優陣・小関裕太、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友の主要キャストが出演したミュージックビデオが、YouTubeにて初公開となった。11月16日からはGYAO!で、フルサイズの公開が期間限定で開始となる。

土屋と北村がそれぞれ玄関のドアを開け、パーティ会場に向かうワクワク感を2人の軽やかな足取りをクロスオーバーさせながら爽やかに表現。

キャストのみんなで盛り上がるパーティだったが、一人遅刻しているメンバーがいて…という6人の仲の深さが感じられる映像となっている。メイキング映像や写真に登場していない杉野がミュージックビデオでは、どのような登場を見せてくれるのか、要チェックだ。

土屋・北村とも所縁の深い、監督・三木孝浩氏が手掛けた本ミュージックビデオでは、キラキラとした青春の1ページの中で、2人が歌に込めた「仲間を大切に想う気持ち」を、随所に感じることのできる映像作品に仕上がっている。