初音ミク、東京150年祭会場即完グッズが追加生産決定&11/11巡音ルカと初出演「かわさきジャズ2018」開催

2018年11月9日 17:15
初音ミク


初音ミクが東京都主催、10月26〜28日に浜離宮恩賜庭園で行われた「東京150年祭」に出演した。「刻を遊ぶ時空の旅〜初音ミク Links Tokyo150〜」と題されたプログラムは、庭園内の潮入の池に、幅30m高さ15mのウォータースクリーンを設置し初音ミクを投影。ミクが明治、大正、昭和、平成のファッションとともにこれまで150年の間に生まれた39曲の楽曲をメドレー形式で歌唱し話題となったが、同じく150年祭会場内では、東京150年祭公式初音ミクグッズが販売され、全日即完売となった。

入手できなかったファンからの再販の声が大きく、主催である東京都の特別な配慮をふまえ、発売元の日本コロムビアはすべてのグッズについて受注予約生産の再販を行うことを発表した。受注予約は本日より11月30日まで、日本国内は日本コロムビアのECサイト「コロムビア・ミュージック・ショップ」、海外の希望者は「東京オタクモード」のサイトで注文を受け付ける。

11月11日には神奈川・川崎のカルッツかわさきホールにて、150年祭で音楽監督を務めた名ジャズプレイヤー佐藤允彦をメインプレイヤーに迎え、初音ミクと巡音ルカをメインボーカルとして展開するLIVE「かわさきジャズ2018  azz, Anime & Internet Songs vol.1」の開催が予定されている。

ミク&ルカが佐藤允彦バンドの演奏で、数々のジャズ・ボーカルナンバーに挑戦する他、ミクとルカのVOCALOID楽曲のジャズ・バンドアレンジも披露される。オープニングアクトの、さとうもか with 初音ミクでは、この秋YouTubeなどで公開され話題となった「初音ミク with さとうもか/スキップ」や、お洒落なアニメソングも演奏される予定だ。

会場ではチケット購入者限定グッズも販売。人気のイラストレーターRellaの描いたビジュアルを用いたラインナップを中心に、ミク&ルカのアクリルキーホルダーのガチャも設置される他、ジャズライヴでありながら、12色可変でミク&ルカ色も設定可能なサイリウム(ペンライト)も販売される。主催側からは、「他のお客様のご迷惑にならない範囲で自由に振っていただけます。」とコメントを寄せている。本日、グッズにも使用されるミク&ルカのジャズをデュエットする新たなビジュアルが公開された。