Uru、ドラマ「中学聖日記」主題歌「プロローグ」配信 「雪の華」カバー含むシングル収録内容も公開

2018年10月30日 10:22
Uru「プロローグ」通常盤

シンガーのUruがTBS系 火曜ドラマ「中学聖日記」主題歌として12月5日にCDリリースするシングル「プロローグ」の先行配信を本日よりスタートした。

「プロローグ」は、作詞・作曲をUru、編曲をトオミヨウが手掛けたドラマのために書き下ろされた楽曲で、恋の始まりに揺れ動く気持ちへの戸惑いや募っていく淡く儚い恋心を描く泣きのバラードに仕上がっており、これまでのUruのイメージを塗り替えるような新境地の楽曲となっている。

「プロローグ」の配信にあわせて12月5日リリースのシングル収録内容も発表された。

表題曲「プロローグ」に加えてカップリングには、CD未収録ながらライブで既にファンの人気曲となっているKan Sanoがアレンジを手掛けた「PUZZLE」と、ドラマソングとしても知られる「奇蹟」のセルフカバー、さらには国民的冬のバラードソング「雪の華」(中島美嘉)のカバーを収録。

初回生産限定盤には、3月に行われた東京・昭和女子大学人見記念講堂でのライブから「フリージア」と「Sunny day hometown」、そして「ハッピーエンド」(back number)のカバーを含む3曲の映像を収録。

アートワークは前作「remember」から引き続きインスタグラムでも注目を集める写真家・岩倉しおりによる日常を美しく切り取ったもので、初回生産限定盤は三方背BOX仕様でUruのロゴがブルーに箔押しされた豪華仕様となる。

2形態共通初回プレス特典として、カラートレイ仕様、さらには2019年3月10日にTOKYO DOME CITY HALLで行われるライブの最速先行シリアルナンバーも封入される事もアナウンスされており、充実のシングル内容となっている。

9月にリリースされた「remember」とのW購入者特典として東京・蔵前にある「たのしく、書く人。」をコンセプトにした書くための道具を専門に扱う文具店カキモリとのコラボレーションで2019年のオリジナルダイアリーを制作する事も決定している。