水樹奈々、文化放送「走れ!歌謡曲」50周年記念の1DAYスペシャルパーソナリティに

2018年10月22日 16:27
水樹奈々 文化放送「走れ!歌謡曲」


水樹奈々が10月25日午前3:00より放送となる、文化放送の最長寿ワイド番組「走れ!歌謡曲」50周年記念企画の1DAYスペシャルパーソナリティを務める。

「1DAYスペシャルパーソナリティ」企画は、50周年を機にさらに多くの人に番組を知り、聴いてもらいたいという思いから、幅広い層に好感度の高いタレントを起用している今年の目玉企画。

1月 磯山さやか、2月 島崎和歌子、3月 はるな愛、4月 中村静香、5月 声優・豊田萌絵、6月 平野ノラ、7月 雛形あきこ、8月 吉木りさ、9月 SKE48須田亜香里がパーソナリティを務め、今回が10人目となる。

番組では、水樹奈々が生まれた年のヒット曲、子どもの頃にヒットした曲から、アニメソングまで次々とオンエア。さらに子どもの頃に憧れていたアーティストとして美空ひばりを挙げ、「ひばりさん、素敵なんですよ! お歌は素晴らしいですし、私は声優なので“声フェチ”なんですよね。あのひばりさんの艶っぽくて愛くるしい声。あの声がたまらなく好きなんです」「ひばりさんの特集番組に出させていただいて、ひばりさんのご自宅から中継で歌わせていただいたことがあるんです。子供の頃から大好きだった人のお家にいるって信じられなくないですか? しかも歌わせていただくスペースは、ひばりさんが歌のレッスンを毎回受けていた場所だと。紫のグランドピアノが置いてあって、そこで歌っていいと。それはもう震えましたよ。歌っているときに、ひばりさんが見に来てくれたような気持ちになって。一生忘れられません」など、“ひばりリスペクト”の思いを熱く語った。

水樹奈々が「初めて買った歌謡曲のテープ」として挙げた美空ひばりの「悲しき口笛」もオンエア。そして2時間の収録のエンディングでは、「喋りたいことがありすぎて、まとまりもなく喋りすぎてすみません(笑)。思い入れのある曲たちをたくさんお届けできて幸せです。これをきっかけに、またこの番組に遊びに来れたらいいなという思いでいっぱいです。いつかお着物の似合う年齢になって、水樹オリジナルの歌謡曲・演歌ができた時には、またここで胸を張ってパーソナリティをやらせていただけたらいいなという理想も抱いております」と、締めくくった。

なお、1DAYスペシャルパーソナリティは、次回11月までとなる。