木村カエラ、ミニアルバム「¿WHO?」ジャケ写公開 直筆ラクガキジャケ1499枚ランダム封入

2018年10月11日 10:30
木村カエラ「¿WHO?」通常盤

来年2019年にデビュー15周年を迎える木村カエラが、11月21日にリリースするミニアルバム「¿WHO?」(フー)のジャケット写真を公開した。初回限定盤には、1499枚の直筆ラクガキジャケットのランダム封入が決定した。

デヴィッド・ボウイやYMOなど数々のロックアーティストの写真を撮ってきた、鋤田正義氏を起用した今作のジャケットでは、タイトルにちなみ、本人の顔がすべて隠れている斬新な写真をセレクト。

そして、初回限定盤には、自身初となる直筆ラクガキジャケットを、来年15周年を迎えるということもあり、15周年の1歩手前を現す、1499枚をランダム封入する。

直筆ジャケットはランダムに梱包されている。

そして、今年6月に行ったライブでカバーを披露した「Tomorrow」の収録が決定。ミュージカル「アニー」のナンバーとして知られる同曲は、カエラが“この曲からたくさんの勇気をもらっている”とコメントするほど思い入れのある曲であり、ぜひ作品に残したいという思いから収録することになった。

既に発表されている、来週10月18日深夜24:59から放送スタートする、千葉雄大が主演を務める連続ドラマ「プリティが多すぎる」(全10話)の主題歌「COLOR」、12月9日に開催される「JAL ホノルルマラソン 2018」のオフィシャルソング「Run to the Rainbow」や、8月に公開した、昨夏の話題作『メアリと魔女の花』(監督:米林宏昌)の劇場公開に続き、スタジオポノックが新プロジェクト、“ポノック短編劇場”として手掛けた、映画『ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―』のエンディングテーマ「ちいさな英雄」「HOLIDAYS」(JRA CMソング「HOT HOLIDAYS!」キャンペーン)を含む、全5曲の全貌が公開となった。初回限定盤DVDには、「COLOR」のMusic VideoとMaking Movieが収録される。

そして、数量限定の店頭特典として、木村カエラデザインステッカーも決定。本人がロゴをデザイン、各店舗のカラーに染まってステッカーとなる。ファン必見のステッカーとなっており、ファッションアイテムとしても使用できるよう、隅々までこだわりのある特典となっている。