岡崎体育、来年6月に夢のたまアリでワンマン開催「燃え尽きるつもりでやろうと思っています」

2018年10月9日 14:17
岡崎体育

10月8日の「体育の日」に、NHK・ラジオ第1で生放送された特別番組「岡崎体育の日」で、自身の口から「僕、岡崎体育は来年6月さいたまスーパーアリーナで単独ライブを行います!」と発表された。

さいたまスーパーアリーナは、大学の時に友人に連れられて行ったイベントで、まだ無名に近いと思しきアマチュアが観客をわかす姿を見ていつか自分でもその景色を見たいと志した夢の場所。

事実、2012年の活動当初より、自身のワンマン公演以外にも、フェスやイベント会場で「(自身が30歳を迎える)2020年までにさいたまスーパーアリーナでワンマンライブをします!」と“言霊”を残し続けてきた。

今回の特番放送前より重大発表がある旨告知されていたが、記念すべき「体育の日」に記念すべき夢の発表が実現した形だ。

なお岡崎体育は、今回の発表に際し「まだ、夢が叶ったわけではない。ここから実際にさいたまスーパーアリーナを満員にしてライブを終えることが目標なので、来年6月に向けてひたすら準備をするだけです」とコメント。

また「集大成として、このライブで今までの岡崎体育の音楽人生をすべてぶつけて、燃え尽きるつもりでやろうと思っています」と熱く意気込みを語った。