STU48が瀬戸内チャリティーコンサートツアー最終公演を開催、2ndシングル発売をサプライズ発表

2018年10月4日 12:02
STU48 瀬戸内チャリティーコンサートツアー最終公演
©STU

9月から大阪・福岡で開催してきた⻄日本豪雨支援活動「がんばろう!瀬戶内」チャリティーコンサートツアーの東京公演が10月3日に新宿文化センター・大ホールにて開催された。

チャリティーコンサートツアーの最終日1曲目は、「ペダルと車輪と来た道と」。メンバーの登場を待ちわびたファンの声援が上がる中、「思い出せてよかった」「STU48(瀬戶内ver.)」とSTU48のオリジナル曲を立て続けに披露。パフォーマンス後は全メンバーでのMCとなり、岡田奈々(AKB48 Team 4/ STU48 キャプテン兼任)が「『がんばろう!瀬戶内』STU48チャリティーコンサートツアー 東京公演始まりました〜!」と元気よく挨拶し、瀧野由美子が「みなさん、瀬戶内の風は届いてますか〜!」と会場に呼びかけていた。

その後、今回の公演が7月に発生した⻄日本豪雨を受けてのチャリティーコンサートということで、土路生優里が「7月に各地を襲った⻄日本豪雨により被害にあわれた方々、そして、日本各地を襲っている自然災害に遭われた方々にメンバー一同謹んでお見舞い申し上げることと共に、1日も早い復興をお祈り申し上げます」と話し、メンバー全員で深く一礼をした。

福田朱里からは「今回は『がんばろう!瀬戶内』と称したチャリティーコンサートツアーになっています。会場に募金箱を設置していますので、皆さん、もしよろしければご協力のほどよろしくお願いします。」と会場内の募金箱の説明も行った。今回のチャリティーコンサートツアーに岡田奈々が初めて参加することもあり、メンバー全員で喜び合う場面もあり、冒頭から大きな盛り上がりを見せていた。
⾃⼰紹介を挟み、「希望的リフレイン」、「ポニーテールとシュシュ」と、フレッシュなアイドルソングを披露。その後、残りの16⼈がキャッチフレーズと共に⾃⼰紹介をした。そしてユニット曲パートへ。

「てもでもの涙」を、仲良しコンビの“とろみちゅ”こと、今村美⽉と⼟路⽣優⾥が披露。続けて、「誰かがいつか好きだと⾔ってくれる⽇まで」「⽚想いの⼊り⼝」を披露した。

「⽚想いの⼊り⼝」を披露したあとのフリートークでは、薮下楓から岡⽥奈々への「今⽇久々に(STU48の)メンバーに会っていかがでしたか?」という問いに対して、「今⽇みんなに会ったら(メンバーのみんなが)可愛すぎて…、久々にこうやってみんなに会えて、ライブに⽴ててることが嬉しいです。」と答え、STU48のコンサートへの参加の喜びを表していた。

瀧野由美⼦は、「『誰かがいつか 好きだと⾔ってくれる⽇まで』も久々にオリジナルメンバーの5⼈でやることができて、本当に嬉しかったです。奈々さんがいる33⼈では、みんなの意識だとか、私のモチベーションが違います。」など岡⽥奈々への愛にあふれたトークで会場を和ませていた。

会場が和んだMCのあとは、再びユニット曲パートへ。「⾮全⼒」「僕たちはシンドバッドだ」、そして「遠距離ポスター」を初披露した。⽯⽥千穂が「『遠距離ポスター』は、ずっとやりたいと思っていた曲だったのですごく嬉しかったです。みなさんどうでしたか〜!」と会場に呼びかけ、今回のチャリティーコンサートツアーを振り返り、「チャリティーコンサートでは各公演1⼈1⼈ユニット曲を担当させて頂いていたんですけど、その感想を聞いてみたいと思います!」とそれぞれのメンバーにこれまでの感想を投げかけた。

⽥中皓⼦は「⼤阪公演で『ハート型ウイルス』をやらせて頂いて、(曲中の)セリフを⾔ったり…福岡では『背中から抱きしめて』をやったり、普段とは違った可愛い系とはまた違うセクシー系の曲をやらせて頂きました」、瀧野由美⼦は「⼤阪公演で福⽥朱⾥ちゃんと“たきふく”で『てもでもの涙』をやらせて頂いて、私達は歌が上⼿いコンビではなくて、すごく緊張してしまいましたが、機会があったらまた“たきふく”でリベンジしたいと思います!」と答え、「まだ広まっていないんですけど、私と⽯⽥みなみちゃんと福⽥朱⾥ちゃんとの“にゃーぽっぽ”でも何かやりたいと思っています!」とメンバーそれ ぞれの各公演での思い出話をしていた。

ライブ後半戦では、「⼤声ダイヤモンド」「清純フィロソフィー」を2曲連続で披露。AKB48ではお馴染みの⼈気曲も披露し、待ってましたと⾔わんばかりにファンの声援が⾶び交った。

⼆曲続けて披露したあとは、今回のチャリティーコンサートツアーでは恒例となってきている「2ショットワイドチェキ写真撮影・抽選会」を行った。

抽選会のあとは、「⼼のプラカード」を披露。メンバー各々の「復興への想いを込めた応援メッセージ」が書かれたプラカードを⼿にして、客席内を⾃由に練り歩いた。ファンの撮影も可能な時間のため、メンバーそれぞれが⾃由にファンとの時間を楽しんでいた。

曲の終わりにはメンバーが全 員ステージに⼀列に並び、持っていたプラカードを開き、「ともに未来へ!がんばろう瀬⼾内」と書かれた1枚のプラカードに変わった。

「⼼のプラカード」の後には、デビューシングルの「暗闇」、9月19日にリリースとなったAKB48の最新シングル曲「センチメンタルトレイン」、そして陸上公演や出張公演など各会場で歌ってきた「NEW SHIP」を、メンバー全員で3曲続けて披露した。

アンコール明けは、「夢⼒」「少⼥たちよ」を全⼒でパフォーマンス。チャリティーコンサートグッズとして販売していた7⾊のリストバンドを振りかざし、⼀体感のあるパフォーマンスを披露した。

「少⼥たちよ」明けのMCで、岡⽥奈々は、「私はこのチャリティーコンサートでは、最後の東京公演しか参加することができなかったんですけど、メンバーの頑張りをファンの皆さんがSNSで教えてくれたりだとか、メンバーやSTU48の公式ツイッターを⾒たときに、『みんな可愛いな、頑張っているな』と思っていました。キャプテンなのに参加できていない⾃分が凄く情けないなと思ってしまったりもしたんですけど…こうやって、時間をおいてみんなと会ったときに、メンバーが凄く成⻑していたりだとか、ファンの皆さんとの絆が深まっていたりというのを感じで、こんな素敵なグループと兼任できていることがすごく嬉しいです。私たちのパフォーマンスで瀬⼾内の⽅たちはもちろん、たくさんの全 国の皆さんに勇気や笑顔を届けられたらいいなと今⽇改めて思いました。本当に皆さんいつも温かく応 援してくださって、メンバーも⼀⽣懸命で、何もできない私を⼀⼈⼀⼈が⽀えてくれていて、そんなメンバーにいつも⽢えてしまっているんですけど、本当にこのグループが⼤好きなので私もこれからもできることをしてたくさんの⼈にSTU48を知っていただけるように頑張っていきたいと思います!」と熱く語った。

その後、瀧野由美⼦のサックスと兵頭葵のピアノによる「瀬⼾内の声」の披露した。

「瀬⼾内の声」を披露した後、サックスを舞台裏に戻し終えた瀧野由美⼦が「奈々さん、サックスと引き換えに紙をもらいました。これを岡⽥奈々さんに…。」と⼿紙を岡⽥奈々に⼿渡し、「何もらってきたの…?」と恐る恐る⼿紙を開けると、「ここでみなさんにお知らせがあります!延期となっておりましたSTU48の2ndシングルの発売が決定致しました!発売⽇も決まっております!発売⽇は2019年2⽉13⽇となります!シングルの発売が決まったということで、これを復興への新たな⼀歩としてみなさんの元気に繋げられたらといいと思います!」と延期となっていた2ndシングルの発売⽇の発表を行った。念願のシングル発売⽇の決定に、会場全体が喜びで溢れていた。

瀧野由美⼦は、「2ndシングルも延期になったし、船も延期になって、船に関しては1年以上私は待っているんですよ。もう私は2ndシングルが発売する前に卒業してしまうんじゃないかなって…。(発売が決まって)良かったです!2⽉がすごく楽しみです。みなさん楽しみにしていてください!」と話し、チャリティーコンサートは幕を閉じた。