柴咲コウ、環境省「環境特別広報大使」として伊勢神宮で歌を奉納

2018年9月20日 13:24
柴咲コウ 伊勢神宮内宮


環境省「環境特別広報大使」を務める柴咲コウが、9月19日に三重県の伊勢神宮内宮「参集殿」にて歌の奉納をした。

奉納したのは「月のしずく」。演奏は和太鼓や三味線など和楽器による独自の世界観を醸し活躍する「AUN Jクラシック・オーケストラ」が担当。約300人の参拝客が見守る中、優美な音楽と、内宮の神聖な雰囲気に包まれた奉納となった。

■柴咲コウ コメント
伊勢神宮にて私の歌を奉納させていただくことは大変名誉なことでした。伊勢神宮は多くの日本人にとって特別な神社であるとともに、私が興味を注ぐ環境に関しても、学ぶべきことが沢山ある場所です。式年遷宮に象徴されるサスティナブルな空間で、古にまで感謝の想いを馳せ、心を込めて歌わせていただきました。