柴田淳、約1年ぶりアルバム「ブライニクル」はデビュー記念日に発売

2018年9月14日 18:00
柴田淳

柴田淳が、自身のデビュー記念日である10月31日に12枚目のオリジナルアルバム「ブライニクル」をリリースすることを発表、同時に新アーティスト写真、ジャケット写真、商品概要も公開した。

全10曲入りとなるニューアルバム「ブライニクル」は、すでに自身のブログ・Twitterなどでニューアルバムのレコーディングを行っていたことを公表していた為、ファンの間ではニューアルバム発売への期待が高まっていた。

この日発表されたタイトルの“ブライニクル(brinicle)”とは、「南極の海中において、海水中に極めて低温の塩水が流入した際に起こるとされる、つららのような形の凍結が起こる自然現象」を意味し、これに触れた生物を死に至らしめることから“死のつらら”と呼ばれることもある。

柴田淳自身、ニューアルバムにこのタイトルをつけた意味を、「私の日常にとって音楽というのは、ある意味海に流れてきた低温の塩水と似ていて、そしてその低温の塩水に取り憑かれた私は、制作中は私に触れる人を凍りつかせるくらい鋭くなるので、まるで音楽の世界に潜ってる私はブライニクルそのものだなと思って…。」と語っている。

そして同時にアルバム作品ページにて、赤いワンピースに身を包んだ強い眼差しが印象的な新アーティスト写真と、初回限定盤と通常盤計2種類のジャケット写真と商品概要も公開された。

初回限定盤、通常盤ともに共通で全10曲入り。アーティスト写真と同じ赤い衣装で思慮深い表情を浮かべるジャケット写真の初回限定盤は、スリーブケース仕様で、豪華32ページフォトブックと、CD・初回限定ブックレットが封入されている。

そしてシックなベージュの衣装を着た物憂げな雰囲気を醸し出すジャケット写真の通常盤は、CDと通常ブックレットとなっている。初回限定盤、通常盤それぞれのブックレットに使用されている写真は、それぞれにしか使用していない写真が含まれている。

収録曲名や予定している購入者特典等などの詳細は追って発表される。

柴田淳コメント
柴田淳は、基本ライブ活動が地味な為、私の日常は音楽制作がなければ何も起きないつまらないもので、これじゃいかん!と自ら創作を始め、前作より約1年でのリリースとなりました。
今回はアルバム全体を考えず、とにかく好きな音楽をそのまま作ってみるというコンセプトで始めたのですが、やはり2時間ドラマのエンディングで流れるエモーショナルな音楽が好きなんだなと、自分の好みを再確認するほど、そのような場面で使われそうな曲調ばかりになりました。
あまりにも曲調がそっち系なものばかりだったので、アルバムとしてのバランスは置いておいて、ここはもう開き直って「サスペンス」というタイトルでとことんそっち系な曲を思い切り詰め込もうかとも考えていたくらいです。
また、あらゆる不安やストレスで一時期声が出なくなったりもしたのですが、今までで一番良い声が収録できた気がしています。
本来の私の声は、実はハスキーなんです。ですがモニター調整してる間に、その声の襞は削ぎ落とされていき、録音する頃にはツルツルの声になっていたりしたんです。しかし今回は、そのハスキーな声を漏れなく収録出来た気がしています。
あまり声を大にして言えないのですが、自分のアルバムを聴き返せることが本当に少なかったんです。反省点を見つけたくなくて恐ろしかったんです。ですが、今まででこれほど自分のアルバムを何度も聴き返せているものはありません。
どうぞ、私の趣味が詰まった、そして本来の声が収録出来た歌を聴いて下さい。