「SOUND JUNCTION」、チケット一般発売開始&「MEET&GREET」企画決定

2018年8月21日 17:20
「SOUND JUNCTION」


9月23日に東京・ベルサール渋谷ガーデンにて開催される「SOUND JUNCTION」のチケット一般発売がスタートした。

レッドブルによる都市型音楽フェスが今年も開催決定。テーマは「音楽の解放区」。東京の街全体を舞台にした音楽イベントの数々が、2018年9月22日から10月12日までの約1ヶ月間にわたって開催される。

そのプログラムのひとつ、9月23日には昨年ユニークな演出が話題となった「SOUND JUNCTION」が再び登場。4方向に設置されたステージに囲まれた状態で、それぞれ個性的な音楽性で支持を得る4組のアーティストの楽曲を楽しめる。

出演者には、アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた『HARAJUKU』のアイコンとして全世界から注目を集める、きゃりーぱみゅぱみゅ。話題のニューアルバム「じゃぱみゅ」のリリース直前とあって、絶好のタイミングで登場。

ブラックミュージックをベースにエレクトロニカ、アンビエント、オルタナティヴなどジャンルを超えた楽曲、言葉選び・音作りで進化を続けるシンガーソングライター、向井太一。

1989年結成。宇多丸、Mummy-D、DJ JINからなるヒップホップグループ。今日に至るまでの日本ヒップホップ文化を開拓牽引してきたRHYMESTER。

5人の多国籍メンバーからなる次世代のシーンを背負ったインターナショナル・ロック・バンド、Survive Said The Prophet。

「SOUND JUNCTION」はおよそ2時間半のノンストップで2部構成となっており、第1部では各アーティスト4組が各々30分ずつ(計120分)人気〜定番楽曲を披露する濃密なステージ。第2部では特別な演出、サプライズゲスト、普段はみれないアレンジなどを披露するスペシャルステージに。いつものライブでは味わえない、この夜限りのパフォーマンスも楽しめる。

また、今回の「SOUND JUNCTION」では参加者にさらに特別な特典が用意されている。9月1日から始まる「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018新しい音楽体験キャンペーン」では、本ライブのペアチケット(合計50組100名様)を景品のひとつとして用意しており、さらにその中から抽選で4組には、希望するアーティストと写真撮影や握手ができるVIPチケットをプレゼントする。詳しくはキャンペーンサイトにて。