超特急、「”超”超フェス」2日目はFLYING KIDS、ベリーグッドマン、DJ和を招いて新境地のステージに

2018年8月10日 16:20
超特急 「”超”超フェス」 8月9日
写真:米山三郎、深野輝美、冨田望


8月9日、超特急6周年を記念したHMV主催の「”超”超フェス」2日目が東京国際フォーラムホールAにて開催された。以下、ライブレポート。

ニューシングル「Jesus」を8月8日にリリースし、同日より主催イベント『“超”超フェス』を開催していたダンス&ボーカルグループ・超特急が、その最終公演を翌8月9日に行った。初日にはPUFFY、コロッケ、DAIGOが出演し、エンタメ性満点のステージで客席を湧かせた本イベントは、年代もジャンルもバラバラな“超”ゲスト陣と超特急との化学反応が最大の見所。この日もベリーグッドマン、DJ和、FLYING KIDSと、一見、超特急とは接点の見つからない面々を迎えつつ、だからこその新たな出会いと刺激で、会場の東京国際フォーラム・ホールAを埋め尽くした5000人を沸騰させた。

イベントのテーマである“超”夏まつりに則って、ステージに設置された巨大な祭やぐらに超特急の6人が姿を現すと、「『“超”超フェス』2日目始まりました。皆さん楽しんでいきましょう!」というカイの号令から「Jesus」でライブをスタート。

発売直後の新曲にもかかわらず、8号車と呼ばれるファンと共に踊り、客席を揺らしまくるその浸透力の高さは驚くばかりだ。また、初日とは柄違いの涼やかな甚平を着用してのパフォーマンスも、夏祭り感満点で実にレア。「男性!」「女性!」「お子さん!」と呼びかけるユースケの元気印も相まって、彼らの若さとパワーを引き立たせる。
 

超特急 ​  「”超”超フェス」 8月9日


お祭りでの好きな屋台について6人がトークし、リーダーのリョウガが「この『“超”超フェス』を人生というくくりの中で一番の祭りにしていこうぜ!」とキメる間に舞台上ではセットチェンジが。

ズラリと楽器が並び、“超”ゲストのトップバッターを飾ったのは30年のキャリアを誇るファンクバンド・FLYING KIDS だ。両手を高く掲げてのクラップから「ラッセーラ」を勢いよく届けると、客席ではカラフルなペンライトが軽快にリズムを取ってゆく。やぐらに紅白幕&提灯が彩るにぎやかなステージに、ツインギターのバンド編成+コーラス、キーボード、パーカッション、サックスのメンバー9人が並ぶ様は非常に壮観。さらに大所帯から繰り出される分厚いファンクサウンドと情熱的なラテンのノリは、直前のMCでカイが「リハを観て鳥肌立った。ユーキと“カッコいいな!”って、ずっと言ってた」と語っていたのも納得の味わい深さ。

「大人の階段を上りすぎた俺たちだけど、もっと盛り上げてね」と呼びかけたボーカルの浜崎貴司に、8号車も大声援で応えてみせる。「ファンキースター」ではエモーショナルなサックスソロに続き、アロハシャツに着替えた超特急のダンサー陣が順にソロダンスで魅せたあと、やぐらに揃って踊る下で浜崎貴司とタカシの“Wタカシ”が交互に歌うという、なんとも贅沢なコラボレーションも。フェイクを交えてブルージーなノリを醸すタカシは、FLYING KIDSの熟したお洒落感とも意外なほど相性が良く、彼の新たな可能性を垣間見せた。

そして「平成の間に歌い続けた曲を」と、平成2年に発表したデビューシングル「幸せであるように」で会場に優しさと幸せの波動を贈り、94年のヒット曲「風の吹き抜ける場所へ」で爽やかな夏風を薫らせてライブを締めくくり。右へ左へ大きく揺れるペンライトが、超特急メンバーの内4人が生まれた年のCMソングを彩るという光景も、まさしく『“超”超フェス』だからこそのものだ。
 

「”超”超フェス」 8月9日 FLYING KIDS


次なるゲストはDJ和。やぐらの最上段に設置されたDJブースに現れ、「一緒に今日は夏を楽しみましょう。よろしくお願いします!」とT.M.Revolutionの「HOT LIMIT」を鳴らせば、一瞬でペンライトを振り上げる8号車に「皆さん優秀ですね」と顔を綻ばせる。さらにWhiteberryの「夏祭り」やORANGE RANGEの「上海ハニー」、B'zの「ultra soul」と誰もが知るナツ曲を連投して、自らもフリを先導しながら客席のペンライトと声を自由自在にコントロール。

また、湧き上がる合唱に「もっと!」と煽る彼はアニメソングを使ったDJとしても活躍しており、「とっとこハム太郎」や「けものフレンズ」の主題歌等、アニソンも多数プレイしてゆく。そこでアニメ「ラブライブ!」よりμ'sが歌う「夏色えがおで 1,2,Jump!」が流れ出すと、熱狂的ラブライバーとして知られるリョウガが舞台上手に現れて、バンダナ&メガネにリュックを背負ったオタクスタイルでイキイキと全力ダンス!

加えて下手からは同じスタイルのユーキも客席通路に飛び出し、オーディエンスに向かってアニメ「化物語 まよいマイマイ」のOP曲「帰り道」をキュートに腰を振って踊りまくる。続いてボカロ曲の名作「千本桜」のイントロが流れるや、ユーキは通路を疾走してリョウガと合流し、「DJ和どの!」とやぐらに上ってオタ芸を炸裂。

UO(ウルトラオレンジ)を振り回す二人のアクションもキレがハンパなく、曲が終わると「気持ちよかったでござる!」と達成感を露わに。DJ和というアーティストとメンバーの趣味が合わさった『“超”超フェス』ならではのスペシャルコラボは、この日一番かもしれない盛り上がりを呼んで、会場を黄色い悲鳴で満たした。
 

​  「”超”超フェス」 8月9日 DJ和み


ヒートアップする場内に「DJ和ちょっと盛り上げすぎちゃうの?」と、やぐら上に登場したのは、3人組ボーカルユニット・ベリーグッドマン。冒頭「まずはそこから」の曲中で「超特急好きなら右手をあげてみろ、そして音楽好きなら両手をあげてみろ!」と呼びかけて、早くもオーディエンスの心を掴んでみせる。「Brand New World」でも「超フェスやっぱり最高です、超フェスやっぱりNo.1!」と挟み込んで「ライトスタンド」へ。

「どんな辛いことがあっても大切な家族や友達、超特急の音楽があったら頑張っていける」という前置きそのものの力強い応援ソングで、3MCによる厚みあるボーカルワークを轟かせる。さらに「Vibes UP!!」では超特急メンバーもステージに上がり、フリーにパフォーマンス。全員でタオルを振り回して客席にスローイングするが、初顔合わせとは思えないほど息ピッタリのヴァイブスに、両者の共通項である“観る者を笑顔にする”力を、よりいっそう感じることができた。
 

「”超”超フェス」 8月9日 ベリーグッドマン


また、超特急を見送って「ハンパない、イケメン、いい匂いがした!」と漏らす彼らは、コミカルなトーク力&人柄も魅力の一つ。「ベリーグッドマンも訳したら“超好感男”ですから、超特急にシンパシーは感じてますね」とリーダーのRoverが嘯けば、MOCAはHiDEXのビートボックスに乗せて、ペンライトに照らされた今の心境をフリースタイルで綴る。

来週リリースされる応援歌「ライオン (2018New Ver.)」に続く「友達の歌」ではMOCAが客席に降りて、8号車と交流する場面も。最後は「ベリーグッド」でアッパーに盛り上げながらも、その胸熱くさせるメッセージとハーモニーは人々の心に深く刻まれたに違いない。

時計の針は20時半を回り、遂に大トリ・超特急の出番。「今度は超特急の番だぜ。踊れ、歌え、今を楽しめ!」と煽るユースケは、「バッタマン」の曲中でFLYING KIDS、DJ和、ベリーグッドマンと、本日のゲスト名を力いっぱい叫んで、アグレッシブにライブを幕開ける。ファンコットの突き抜けた高速リズムに8号車は湧き立ち、もう初っ端から床が抜けそうな盛り上がりっぷりだ。

さらに未発表曲ながら、この夏の超特急ライブでは定番曲となりつつある「Booster」ではダンサー陣もラップを畳みかけながら挑発的に躍動して、ダンス&ボーカルグループとしての成長を明らかにする。それぞれに“プロ”のエンターテイメントを目の当たりにした感想を興奮気味に語ったMCを挟んでは、「up to you」に「超越マイウェイ」と「Jesus」のカップリング曲をドロップ。両曲ともお披露目されたばかりの新曲だが、前者では爽やかなサウンドとメンバーの絆を感じさせるフリで胸を熱くさせる一方、後者ではレトロなディスコチューンに最先端のクールなダンスという斬新な取り合わせで、さらなるポテンシャルを感じさせるのが頼もしい。
 

超特急​ 「”超”超フェス」 8月9日


続く「fanfare」で「もっともっとみんなのうたが聞きたいです!」と大合唱を誘うと、「最後はこの『“超”超フェス』のテーマ曲、「SAIKOU KOUSHIN」です」とリョウガが告知。その意図を「初日の最初にやった「SAIKOU KOUSHIN」を最終日の最後にやるということは、この『“超”超フェス』で最高を更新するということで僕が細工しました!」とユーキが説明する。

そして「これで最後といっても、明日からの日常を考えれば最初の曲になるわけですよ。皆さん、日常でも最高を更新する準備できてますか?」とリョウガが告げて披露された「SAIKOU KOUSHIN」は、確かに初日の初披露よりも大きくグレードアップしたものだった。

ユーキとユースケ、リョウガとタクヤが二人一組となって連続側転する驚異のアクロバットに始まり、パッション弾けるロックチューンに乗せて“8号車のみならず全てのオーディエンスを虜にしたい”という想いを、メンバー自身が綴ったリリックと6人一丸となったパフォーマンスで熱く訴えかけてゆく。

客席からの大歓声に応え、去年に初主催した『超フェス』から今年のタイトルには“超”の字が一つ増えたことに触れたリョウガは、「来年、今度は『“超”超超フェス』をやります!」と宣言。「またソコで、日々の日常で、僕たち超特急と最高更新していきましょう!」と続けられた言葉には、きっとその場の誰もが強く勇気づけられたことだろう。
 

​  超特急 「”超”超フェス」 8月9日 [ドラッグして移動] ​


アンコールの「Burn!」ではメンバーと8号車が一つになってサビを大合唱し、本日の3ゲストを呼び込み。FLYING KIDSの浜崎貴司が「今年はお祭りに行けませんでしたが、今夜、祭りに参加できました!」と喜べば、「やぐら上でDJできると思ってなかったので嬉しかったです。オタクタイム、ヤバかったですいね」と口を開いたDJ和に、ユーキが「あの時間に全てを賭けてたんで」と応えて場内を笑わせる。

また「僕たちのことを温かく迎えてくれて感謝しております。これからも超特急さんについていきたいと思います!」と話したベリーグッドマンのRoverには、超特急メンバーが「逆です!」と総ツッコミ。新たな出会いは新たな絆を生んで、今後の彼らの大きな糧となっていきそうだ。

最後の「浮つきWAVES」ではテーマの“夏祭り”に沿って、4アーティスト総勢19人でタオルならぬ手ぬぐいを振り回し、最高を更新して始まり最高を更新して終わった『“超”超フェス』2日間を、見事な大団円で幕締め。

2日目最初のMCで、リョウガは「普段触れることのないジャンルのアーティストさんもいるかもしれませんが、その分たくさんの刺激を受ける1日になることは間違いなし」とオーディエンスに告げていたが、その刺激は超特急の6人に対しても大きな収穫をもたらしただろう。例年にも増して全国のイベントやフェスに精力的に参加している超特急の夏は、まだまだ終わらない。各地で着実に新たな8号車を開拓して、念願だったさいたまスーパーアリーナ公演を含む東阪アリーナツアーへと歩み続ける彼らの可能性は、まだまだ無限大なのだ。

文:清水素子

「”超”超フェス」 8月9日 セットリスト
〈超特急〉
1.Jesus

〈FLYING KIDS〉
1.ラッセーラ
2.新・我思うゆえに我あり
3.ファンキースター
4.幸せであるように
5.風の吹き抜ける場所へ
〈DJ和〉
DJパフォーマンスの為セットリストなし

〈ベリーグッドマン〉
1.まずはそこから
2.Brand New World
3.ライトスタンド
4.Vibes UP!!
5.ライオン(2018New Ver.)
6.友達の歌
7.ベリーグッド

〈超特急〉
1.バッタマン
2.Booster
3.up to you
4.超絶マイウェイ
5.fanfare
6.SAIKOU KOUSHIN
EC1.SAYNO
EC2.Burn!
EC3.浮つきWAVES