野田洋次郎、『泣き虫しょったんの奇跡』撮影秘話&“夢”を語るスペシャル映像公開

2018年8月7日 16:46
野田洋次郎


野田洋次郎が『泣き虫しょったんの奇跡』での撮影秘話や幼い頃の“夢”を語る様子を収めた「スペシャル映像」が公開された。

この度、将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段の自伝的作品「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)が、豊田利晃監督により映画化。松田龍平が『青い春』以来16年ぶりに豊田作品で単独主演を務めるほか、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、妻夫木聡、松たか子、國村隼といった主役級の豪華キャストが集結。第42回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門への正式出品も決定している本作は、9月7日全国ロードショーとなる。

幼い頃から将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司(松田)は、「26歳の誕生日を迎えるまでに四段昇段できないものは退会」というプロ棋士養成機関・奨励会の規定により、26歳にして人生の目標を失い社会の荒波に放り出されてしまう。一度は夢破れた“しょったん”が、周囲の人々に支えられながら、史上初めて奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた奇跡の実話を描く。

本作で野田が扮するのは、松田演じるしょったんの幼馴染でありながら最大のライバル・鈴木悠野。今回公開となったスペシャル動画では、松田とは普段から仲良くしている分、野田は「撮影初日はお互いの“こっぱずかしさ”がマックスでしたね。なるべく知らない人とお芝居するのがいいな、と思ってしまいました(笑)」と冗談交じりに振り返る姿が映し出されている。その恥ずかしさは撮影を重ねるうちに緩和され、徐々に良い空気感が現場では生まれていったという。さらに「龍平が芝居をしている姿も初めて見たので、すごく刺激になりましたね」とも語っており、“リアル親友”との初共演を楽しみながら演じられた様子がうかがえる。

さらに映像後半では、主人公・しょったんが一度は夢に破れながらも、再び夢を追いかける本作のストーリーにかけ、幼い頃の夢を語る場面も。「卒業文集には、“30歳までにお金持ちになってアメリカに住む”って書いていましたね。とても現実的な夢でした(笑)」と笑い交じりに明かしている。