米津玄師プロデュースの<NHK>2020応援ソング「パプリカ」のMVが解禁、今夜メイキングも放送

2018年7月19日 18:40
「パプリカ」MV


「<NHK>2020応援ソング」プロジェクトに向け、米津玄師が、新曲「パプリカ」を書き下ろし、東京2020公認プログラムに認定を受けた事が先日発表になったばかりだが、その「パプリカ」の音源とミュージックビデオが初解禁となった。

2020年とその先の未来に向かって頑張っている全ての人を応援するプロジェクトとしてスタートした「2020応援ソング」プロジェクト。

このプロジェクトのために、米津は、オーディションにて小学生5人を選出し、「Foorin」という名前を命名。また、ダンスの振付を、辻本知彦+菅原小春に依頼をした。

シルク・ドゥ・ソレイユの初の日本人男性ダンサーとして名高い辻本氏と、独自のダンススタイルが世界的に高く評価される菅原氏、それぞれ活躍中の両氏が、共同で振付を行うのは、これが初の試みとなる。

解禁されたMVは、ワンカットで撮影されたダンスビデオとなっており、Foorinが自然の中で「パプリカ」を元気に踊る姿が印象的だ。

また、7月19日19:50からは、本プロジェクトのドキュメンタリー番組「<NHK>2020応援ソング「パプリカ」メイキング編」の放送も決定。米津とのレコーディング風景や、辻本氏菅原氏とのダンスレッスンの模様が、5分番組として放送される。

さらに、8月15日にはソニー・ミュージックレコーズよりCDが発売される事も決定した。米津玄師の印税は全額、「独立行政法人・日本スポーツ振興センター スポーツ振興基金」に寄付される。

ソニー・ミュージックレコーズの収益も同様に寄付され、共に次世代アスリートの育成などのために使われる計画となっている。