冨田勲、辻本知彦との最初期のシンセサイザーワーク「愛」に日本を代表するダンサー/振付師が振付した映像公開

2018/06/19 (火) - 18:02
冨田勲


今亡き世界的シンセサイザー・アーティスト、冨田勲のシンセサイザー最初期のダンス作品に、ダンサー/振付師が振付した映像が公開された。

2018年5月23日にRELEASEされたアルバム「MISSING LINK of TOMITA~冨田勲 日本コロムビア初期作品集 1953-1974~」に収録されている、冨田勲のシンセサイザー最初期の作品「 愛 《コムポジション―習作》」。創作ダンスのために作曲されたこの作品に、冨田の遺作「Dr.Coppelius」で振付を担当した辻本知彦が振付を行い、約40年ぶりに復活。大妻嵐山高校ダンス部が辻本の振付を形にし、映像収録した「冨田勲×辻本知彦 TOMITA幻のシンセサイザー作品「愛 《コムポジション―習作》」を踊ってみた」がYoutubeに公開された。

この「愛」は、1974年1月に日本コロムビアから「中学・高校・大学及び一般のための創作ダンス =ダンスイメージと創作過程=」という、主に学校での使用を目的に発売されたアルバムに収録されたもの。この3か月後、同年4月に冨田が世界的名声を獲得するきっかけとなった、シンセサイザーの最初の代表作「月の光』」英題:「Snowflakes are Dancing」)が全米リリースされていることからもわかるように、その後シンセサイザーで世界へ雄飛する直前に手がけた貴重なマイルストーンとも言える作品だ。

この教育用の創作ダンスに目をつけたのが日本を代表する振付師/ダンサーの辻本知彦だ。辻本は、日本人で初めてシルク・ド・ソレイユの男性ダンサーに起用され、冨田の遺作として話題になった「ドクター・コッペリウス」で初めて振付を担当。その後は、紅白歌合戦で郷ひろみ、土屋太鳳の振付、さらに17/18年の紅白では、平井堅「ノンフィクション」のバックを担当した義足のプロ・ダンサー大前光市の振付を行い、その過程を記録したNHKスペシャル「光と影 ふたりのダンサー~紅白 舞台裏のドラマ~」で大きな話題となったことも記憶に新しい。いまや米津玄師やRADWINPSなど、数多くのミュージシャンからオファーが殺到する振付師が、40年前に産声をあげた冨田の幻の作品に対峙した。

辻本は言う。「今回の映像、最初の仕上がりを見て涙が溢れて止まりませんでした。個人的な感情が湧いてきて、こんなにも冨田さんへの思いが強いのかと感じた瞬間でした」。辻本の高度な振付にチャレンジしたのは、埼玉県の大妻嵐山高校のダンス部。あどけなさの残る部員たちが、辻本の振付により教育的な「創作ダンス」の領域を超え、芸術表現としての「ダンス」に踏み込むさまを見ることができるだろう。

辻本知彦 コメント(全文)
冨田勲さんと出会った事は、振付師としての可能性をプレゼントして頂いた事、そしてなによりも、運命だと感じています。
今回の映像、最初の仕上がりを見て涙が溢れて止まりませんでした。個人的な感情が湧いてきて、こんなにも冨田さんへの思いが強いのかと感じた瞬間でした。
「冨田さんがみたら喜ぶだろうなあ」「あなたの曲がこんなダンスになりましたよ」「時代を感じるでしょう?」「あなたの曲はこうして僕のダンスと共にいまを生きていますよ」「映像で残ることで、未来の人々もこれを見ることができるんです」「これは僕という人間がこの時代に生きた証でもあります」「なにより、見る者それぞれの心の中に、なにかが生まれますように」……ふと気づくと、もうここにはいない冨田さんに向けて、さまざまな思いを伝えている自分がいました。
あなたと出会えていなかったら、この振付が生まれることは無かったでしょう。先生ありがとう!またね!!