渡辺美里、アルバム「ribbon」再現ライブ開催

2018年5月28日 14:42
渡辺美里「ribbon power neo」


渡辺美里が5月26日に東京・マイナビBLITZ赤坂でライブイベント「ribbon power neo」を開催した。

本公演はリリース30周年を記念して5月23日に発売された「ribbon -30th Anniversary Edition-」の収録曲を聴くことができる4公演限りのプレミアムライブで、開催発表と同時に問い合わせが殺到。東京会場で急遽追加公演が決定したライブとなる。

貴重なチケットを入手することができたオーディエンスの期待とともにライブはスタート。

サウンドディレクターに本間昭光を迎えた特別編成のバンドによる演奏に加え、スペシャルゲスト土屋礼央(RAG FAIR/TTRE)とのトークで構成された演出で、集まった超満員の観客を魅了した。

ちょうど30年前の1988年5月28日にリリースされた渡辺美里の4thアルバム「ribbon」は、「センチメンタル カンガルー」や「恋したっていいじゃない」、「10years」など代表曲を多数収録。オリコンチャートで1位を獲得し100万枚を超える大ヒットを記録した。

その名盤アルバム収録曲の再現に加え、リリース当時の想い出や楽曲のエピソードに関するトークでファンを楽しませ文字通りプレミアムなライブコンサートとなった。

東京・大阪・名古屋で開催される「ribbon power neo」は、6月1日愛知・Zepp Nagoyaでの公演には山口智充が、6月8日大阪・Zepp Nambaでの公演にはクリス松村がスペシャルゲストとして出演することが発表されている。