福山雅治、半年に亘るツアーの集大成「DOME LIVE 2018-暗闇の中で飛べ」ファイナル

2018年5月28日 10:17
福山雅治 5月27日 東京ドーム ©アミューズ
©アミューズ

福山雅治の半年にわたるライブの集大成「DOME LIVE 2018-暗闇の中で飛べ-」のファイナル公演が、5月27日に東京ドームで開催された。

昨年の12月に行われた「福山☆冬の大感謝祭 其の十七」に始まり、今年1月から4月末まで行われた約3年半ぶりの全国アリーナツアー「WE'RE BROS. TOUR 2018」を経たドームツアー(5月19日&20日京セラドーム、5月26日&27日東京ドーム)の最終日であり、彼にとっては4年ぶりのドーム公演となった。

開演時刻と同時にステージ上にバンジョーを弾きながら現れた福山。センターステージにゆっくりと向かい、「幸福論」を軽やかに歌い出してライブはスタートした。

「ついにファイナルです。大感謝祭ともアリーナツアーとも違うドームツアーも今日で最後。圧倒的ドーム感、圧倒的ファイナル感を、僕のライブ史上最大規模の16名のメンバーによる分厚いサウンドでお届けします」

アリーナツアーでは春を先取りということで“春歌”コーナーを作っていたが、今回は夏を先取りということで、“夏歌”コーナーを設けた福山。「虹」「蜜柑色の夏休み」「あの夏も海も空も」といった夏をテーマにした楽曲を、爽やかなサウンドで届ける。センターステージには、前日の公演を観にきてくれたという黒柳徹子さんの「あれ私の玉ねぎみたいね」という発言から“徹子さん”と名付けられた巨大バルーンが2.9トンの機材を抱え、タンクローリー1台分のヘリウムガスで浮かべてあるのだが、このバルーンが上下しながらライトで幻想的にステージを照らし、奥行きが加わっていく。

長崎にある被爆クスノキの生命力を描写した「クスノキ」をはじめ、「トモエ学園」「道標」など故郷にちなんだ楽曲をじっくりと歌ったあと、2001年の初の東京ドーム公演で1曲目に披露した「友よ」を取り上げる。

「当時は若気の至りで落ち着きがなかったですが、あの頃の私とは違う(笑)。センターステージでギター1本で届けられるんです」

そう語ると、17年を経て成長した姿で堂々と歌い上げてみせた。

また、今回は未発売の新曲も多く披露。情熱的なブラジル音楽の要素を取り入れた「漂流せよ」、フルサイズで初披露のNTV系ドラマ「正義のセ」の主題歌「失敗学」といった楽曲が、新鮮な印象を与えた。

そして、歴史的大ヒットを記録している劇場版「名探偵コナン ゼロの執行人」の主題歌「零‐ZERO-」をドラマチックに歌い、自身の持つ歴代ソロ男性歌手連続1位獲得記録を更新したシングル曲「聖域」を妖しく歌うなど、多彩な楽曲で魅了した。

アンコールの「Peach‼」ではいつもの“尻ズラ”を身に着けて登場。お尻の部分には“冬の大感謝祭”の文字が。さらにTバックのパンツを自身で横にずらすと“開催決定”の文字が現れるという演出で笑いを誘う。ダブルアンコールは日替わりで曲を決めているが、この日は「少年」を会場の大合唱とともに歌い、幕を閉じた。

「当たり前にツアーがやれることは、当たり前じゃない。毎日いろんなことがあるけれど、こうして終われて良かった、年末にまた会える。そう思えることが大切なことなんだって、今日は実感しました」

冬の大感謝祭〜アリーナツアー〜ドームツアーと、この半年間の公演で計51万人を動員した福山雅治。毎年恒例となった年末ライブは今年もパシフィコ横浜展示場ホールで開催が決定。日程や詳細は後日発表される。