EXILE THE SECOND、ファイナル公演初日に日本柔道界とステージ共演

2018年5月24日 12:34
「EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2017-2018 “ROUTE 6・6”」ファイナル公演


5月23日に千葉・幕張メッセにて開催された、「EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2017-2018 “ROUTE 6・6”」ファイナル公演初日のステージに、全日本柔道男子監督の井上康生とリオオリンピックのメダリスト6名の計7名が登場。先日柔道界初の応援ソングに起用されたばかりの「日昇る光に 〜Pray for Now〜」を初パフォーマンスし会場を沸かせた。

一昨年、EXILEがフジテレビ系列リオオリンピック中継テーマソングを担当したことをきっかけに、宮崎県出身で同郷の全日本男子監督の井上康生とメンバーの黒木啓司(EXILE/EXILE THE SECOND)が雑誌のインタビュー対談を行った。

その後、リオオリンピック直前には柔道日本代表合宿に黒木啓司が激励に訪れるなど親交を深めた2人。日本の柔道界を更に盛り上げたいと考える井上康生の熱い想いに応える形で、EXILE THE SECONDが柔道界初となる応援ソングを書き下ろした。

そして、EXILE THE SECONDの全国アリーナツアー最終公演で実現した今回の共演。アンコール2曲目、これまでの2人の取り組みのヒストリー映像がステージモニターに流れた後、全日本男子監督の井上康生に加え、男子柔道から羽賀龍之介選手、大野将平選手、髙藤直寿選手、海老沼匡選手、更に女子柔道からも、田知本遥選手、中村美里選手とリオオリンピックメダリスト達が登場。

井上康生監督の払腰をきっかけに、初披露された「日昇る光に 〜Pray for Now〜」のライブパフォーマンスと共に、円形のセンターステージに敷かれた畳の上で柔道の組手、投げ技を披露して魅せた。

ライブ×柔道という、これまでの音楽シーンで前例のない新たなエンターテインメントのステージに、会場に詰めかけたファンからは大きな歓声が沸き上がった。

なお、EXILE THE SECONDは千葉・幕張メッセでツアー最終日となる公演を本日開催。昨年より約8ヶ月続いたロングラン公演が幕を閉じる。