ストレイテナー ニューAL収録曲「タイムリープ」MVが公開、DVD収録の“テナマニ”ダイジェスト映像も

2018年5月16日 19:05
ストレイテナー


バンド結成20周年、メジャーデビュー15周年というアニバーサリーイヤーに突入したロックバンド、ストレイテナー。5月23日に発売を控えている、ニューアルバム「Future Soundtrack」に収録される楽曲「タイムリープ」のミュージックビデオが本日公開となった。

監督は新鋭クリエイターとして注目の田村啓介氏がつとめ、ハイスピード撮影とループした映像によって、不思議な時間軸を映像で表現している。

また、数多くのミュージックビデオにも出演し、独特の透明感とアンニュイな存在感で注目のモデル・武居詩織が出演し、より一層不思議な空間を演出してくれている。

さらに、初回限定盤のDVDに収録される「ONE-MAN LIVE テナモバ”」のダイジェスト映像もあわせて公開。普段のライブで演奏しないような、レアな楽曲のみのセットリストで構成されたプレミアムライブの映像となっているので、バンド結成20周年を感じることができるだろう。

なお、ストレイテナー20周年応援店にて「テナモバ号外」の配布が決定。

「テナモバ号外」とは、ストレイテナーのモバイルファンクラブ「テナモバ」から名前を取った、応援店でしかもらえない貴重なフリーペーパー。貴重な撮り下ろし写真、ホリエアツシによるアルバム全曲セルフライナーノーツ、メンバーコラム、4コマ漫画も掲載。5月20日から各店舗にて配布スタートとなる。

田村啓介 監督コメント
タイムリープ=時間跳躍、タイトルの通り時間の中をさまよう様子を表現しました。ハイスピード撮影で人物からモチーフを浮遊させ、スパイス的に映像ループさせることで楽曲から醸し出される不思議な時間軸、癖になるリズムをより立たせることを狙いました。そして、この映像に出てくる女性は歌詞の言葉をお借りすると「ぼく」であり「きみ」でもあります。見る人によって、時間の中をさまよう「ぼく」にも見えたり新しい街で暮らしている「きみ」にも見えるように、あえてわかりやすい演技は避け、表情を作らないことで余白を残しました。