新しい地図(稲垣吾郎・草彅 剛・香取慎吾)、女性誌「25ans」特別版の表紙を飾りロングインタビューやクロストークなども掲載

2018年3月26日 13:20
新しい地図 女性誌「25ans」 2018年5月号 表紙

稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の「新しい地図」の3人が表紙を飾った女性誌「25ans(ヴァンサンカン)」2018年5月号の特別版が、3月28日から発売される。

中面では、全12ページにわたる特集で新しい道を歩み出した彼らの姿に迫り、新生活が始まる春、3人のポジティブな気持ちを届ける。(※通常版は内容を抜粋し全4ページの特集を掲載)

30年近く共に歩みつづけ、新しい地図を手に新たな世界へと飛び出した稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾。ロングインタビューでは、「新しい地図」を立ち上げた手応えや新たな試み、仲間との繫がりについてなど、3人それぞれの想いを語った。また、4月6日から公開のオムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」についてのクロストークや、気になる女性のファッションなどプライベートに迫ったQ&Aも収録している。

「25ans」2018年5月号は、3月28日から通常盤、特別版と2形態で発売される。

インタビュー抜粋
ー春から環境が変わり、新生活を踏み出す人たちに向けて・・・
稲垣:「誰でも環境が変わることには期待のみならず不安もある。(中略)それは幾つになっても変わらないし、ずっと繰り返されることなので、 “恐れるな”と言いたいですね。(中略) そのときにいろいろ考えたことや出会った人がその先の自分にとって大切なものになるでしょうから。」

草彅:「身近な人の存在って大事ですよね。困ったときに相談したりもするわけだし。だから、自分の周りの人たちをよく見て、その人たちにとって自分はどういう存在なのかを考えて行動するといいんじゃないかな。(中略)自分がその人のために何ができるか。そういうことも考えたいですよね。」

ー新たな道を歩き始めた中で、香取さんが感じる大切な “適当”とは?
香取:「“一笑懸命、適当に生きよう”っていうのが、自分のなかでは強くあって。“一生懸命”の“生”を“笑”に変えて“一笑懸命”。笑いながら一生懸命だけど、適当にやんないと。(中略)その適当さがあるから、辛さにも打ち勝てる。その適当さがないと、きっと一個一個が重くのしかかってきて、気持ちが折れちゃうかもしれない。」

「Private Q&A 3人のプライベートに迫る一問一答」抜粋
Q『25ans』の令嬢ファッションはいかが?
稲垣:「いいですよね。エレガントであり、ハイクラスなものへの憧れは僕もわかる。等身大で楽しんでる方も素敵ですけど、エレ女を目指して背伸びするのも素敵。」

香取:「すごい好きかも。ファッションに性別がなくなってるなかでも、メンズは行けない領域だから。」

Q気になる女性のタイプは?
草彅:「結局、自分に関心を持ってくれる人が好きかな。素敵だなと思っても、向こうがこちらに関心ないとつまらない。自分に興味をもってくれるってことは、波長が合ったり、何かが共鳴し合ってるってことだから。そこでさらに気を引こうと努力しても駄目だったら、縁がなかったんだってことですよね。(笑)」