majiko、新作「AUBE」リリースパーティーでmajikoの夜明け

2018/03/16 (金) - 19:10
majiko 3月14日 新代田FEVER 東京ハイカラ編

majikoが、majiko presents「new album “AUBE” release party」と題して名古屋、大阪、そして3月14日の東京・新代田FEVERでは東京ハイカラ編としてリリースパーティーを開催した。東京ではmajikoと親交のあるLUCKY TAPES、チーナを迎えた。

アルバム「AUBE」より「アガルタの迷い子」でスタートし、「Learn to Fly」「スープの日」を披露。曲調によって変幻自在な歌唱と飛び跳ね回るmajikoに、会場は最初から熱気と多幸感に包まれた。

動画共有サイトに投稿している「ボートに乗って」「このピアノでお前を8759632145回ぶん殴る」では、majiko色に染め上げ、彼女ならではの奥深い世界を作り上げている。290万以上の動画再生回数を記録している「心做し」では、息を飲むほどの静けさに始まり、心に突き刺さる圧巻の歌唱で会場ではすすり泣きが聞こえてきた。後半は、ストレイテナー「冬の太陽」をmajikoアレンジでカバー、ライヴアンセムとなっている「アマデウス」「きっと忘れない」を含む12曲で、本編は幕を閉じた。

アンコールで登場したmajikoは満面の笑みで、東名阪ツアーが楽しくてたまらかったことをバンドメンバー、スタッフ、観客に向けて力強く感謝の言葉を語った。最後に披露したのはアルバムのリードトラックとなっている「声」。どこまでも伸びやかに上昇していくmajikoの歌声は、希望に満ちているようだった。アルバムタイトル「AUBE」はフランス語で夜明けを意味し、文字どおりmajikoの夜明けとなった。

「new album “AUBE” release party」 3月14日 新代田FEVER セットリスト
1.アガルタの迷い子
2.Learn to Fly
3.スープの日
4.ボートに乗って
5.このピアノでお前を8759632145回ぶん殴る
6.UNDERCOVER
7.ノクチルカの夜
8.心做し
9.冬の太陽
10.Avenir
11.アマデウス
12.きっと忘れない
EN.声