BIGBANG、“第1章を締めくくり再会を誓う”未発表新曲「FLOWER ROAD」を3/15デジタルリリース

2018年3月13日 18:55
BIGBANG「FLOWER ROAD」


2月末にリーダーG-DRAGONが、3月12日にSOL、そして本日13日にD-LITEと、昨年入隊したT.O.P含めメンバー4人が兵役に就いたBIGBANGから、未発表の新曲「FLOWER ROAD」リリースというファンへのサプライズプレゼントがアナウンスされた。
 
韓国では本日13日に公開されるこの新曲「FLOWER ROAD」だが、日本は3月15日 0:00(=14日 24:00)よりiTunes / Apple Musicにて国内先行配信される(その他の配信サイトは4月4日配信開始予定)。

メンバー5人完全体での新曲「FLOWER ROAD」は、入隊によるブランク期間を念頭に置き、メンバーが思いを込めて制作した曲。G-DRAGONが作詞・作曲、T.O.Pが作詞を手掛け、G-DRAGONは「そのときは、とても良かったよね、君と一緒にいることさえできたら」「時には悲しくてもね、君と一緒にいることさえできたら」「僕たち、これが最後じゃないよ。どうかまた会おう。花が咲いたら」と綴っており、2006年のデビューから12年、変わらず傍にいた瞬間を美しく回想しながら、再び会える"その日"を切望する、繊細な感情が引き立つ楽曲となっている。

またBIGBANGは、明日14日に前述の"活動休止前最後の日本ドームツアー"「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-」LIVE DVD & Blu-rayをリリースする。

今作は、ファンとBIGBANGが積み重ねてきた数々の歴史を振り返るかのごとく披露された、12月13日 東京ドーム公演、新旧を代表するヒット曲全25曲2時間50分を完全収録。ファンにとってまたBIGBANGにとっても忘れられない熱狂と感動の一夜を余すところなく収録したメモリアルな映像作品となっている。

さらに、同日に行われた「BIGBANG SPECIAL EVENT」(1時間43分)も同時収録。メンバー4人の爆笑トークセッション、ゲームコーナー、そして「BLUE」「GIRLFRIEND」2曲のパフォーマンスまで、ツアーのステージとは違った彼らの素顔が垣間見られるこのファンイベントも必見だ。

初回生産限定となる豪華100Pフォトブック付きオリジナルボアクラッチバッグ仕様のDELUXE EDITIONには、上記コンテンツはもちろん、ツアー各公演の爆笑MC集「SPECIAL FEATURES」(1時間)、マルチアングル映像(7曲・1時間38分)とトータル7時間を超える大ボリュームの映像を収録するほか、全27曲2枚組みライブCDまでもパッケージングされる。