吉永小百合、歌手デビュー55周年記念で紅白歌合戦ほかNHK秘蔵の歌唱映像6曲を初DVD化

2018年2月28日 16:01
吉永小百合


吉永小百合が2月28日に「歌手デビュー55周年記念アルバム&NHK貴重映像DVD~寒い朝~」を発売した。

CDとDVDの2枚組み商品となっており、CDには吉永小百合主演映画の主題歌を中心とした選曲とNHK紅白歌合戦からの蔵出し音源を収録した17曲。DVDはNHK秘蔵の吉永小百合歌唱映像6曲を蔵出し。

3月10日公開の映画「北の桜守」で映画出演120本となる吉永小百合。「寒い朝」「いつでも夢を」などのヒット曲で歌手としても知られるが、歌手デビュー55周年を迎える記念の年でもある。

1962年(昭和37年)4月、ビクターから「寒い朝」でレコードデビューし、いきなりの大ヒットを飛ばす。その年に橋幸夫とのデュエットで発売し大ヒットとなった「いつでも夢を」は「第4回日本レコード大賞」受賞した。

この歌手デビューの年には「寒い朝」でNHK紅白歌合戦にも初出場し、1962年~1966年連続5回(第13回~第17回)の出場を成し遂げた。今回はこの紅白の音源と映像も収録している。(第13回、15回は音声をCDに、第14回、第16回、第17回は映像をDVDに収録。)このNHK紅白歌合戦映像を含めた6曲のNHK映像は初のDVD化となる。