スガ シカオ、デビュー21年目のスターティングオーバーとなった記念日ライブが大盛況にて終了

2018年2月27日 13:00
スガ シカオ 中野サンプラザ

スガ シカオが、1997年2月26日の1stシングル『ヒットチャートをかけぬけろ』でメジャーデビューしてから、21周年にあたる2018年2月26日、「Hitori Sugar 2018」を東京・中野サンプラザで開催した。

“Hitori Sugar”はスガが一人で舞台に立ち、ギター1本で弾き語ることをコンセプトにしたライブシリーズ。当然ながら中野サンプラザのチケットは発売直後にソールドアウト。

「Hitori Sugar Tour 2018」のちょうど折り返しとなる2月26日の中野サンプラザ公演は、アコギをかき鳴らしながら「ハロー!東京ーー!」というスガの第一声から始まった。デビュー21年目最初の東京公演1曲目はデビュー曲『ヒットチャートをかけぬけろ』。ここからまた新たなスタートを切っていくという意味合いと、ファンへの感謝を込めた選曲がうれしい。

この、「Hitori Sugar」は、歌とアコギだけのシンプルなステージだ。ゆえに放たれた音楽がどんどん形になっていく様を見ているようで、ライブの醍醐味を味わえる貴重な機会だ。「みんなの拍手が時にはドラムとなり、みんなの声援が時にはギターになり、このライブが完成します」『アシンメトリー』『愛について』と人気のある楽曲が次々披露されていく。

『愛について』の前には、MCでこんな話をしてくれた。「デビューする前にサラリーマンをやっていて、毎日毎日スーツ着てすげー働かされてさ。いつも遅刻してたんだけど(笑)。4年半勤めたのかな。どうしても音楽をやりたくて、絶対にやりたくて、会社にウソをついて辞めたんだよね。その時点でデビューどころか、コンテストに引っかかったこともなかったから、何にもない状態だったんだけど、それでも絶対音楽でメシを食っていくんだって決めた。『愛について』はその頃に作った曲で、ちゃんと曲として完成させたものとしては人生で2番目にできた曲です」
 

スガ シカオ 中野サンプラザ


ギタレレに持ち替えて披露した『斜陽』、そして『Progress』を始めとしたkokuaの楽曲へとつづき、スガがステージにスペシャルゲストを呼び込んだ。ストラトキャスターを提げて現れたのは、親交の深いギタリストの田中義人だ。大病を患って、このステージが復帰一発目ということで、会場からは大きな歓声と拍手に包まれた。

「おれも事務所を辞めたりしていろいろあって、もちろん義人も大変な経験をして、お互いここまで来て。復活した義人とこの曲をここでやるというのは本当に意味のあることだと思う」始まったのは『アストライド』だ。

“何度だって やり直せばいい”--言葉がメロディーに乗って、二人を照らす。スガシカオのデビューからの道のりに置かれた目印を、ひとつひとつ拾い上げていくようなライブの構成に、時が止まった不思議な感覚をおぼえる。

『海賊と黒い海』のギターソロでは、ジャムセッションのようなやりとりが繰り広げられた。ライブも終盤。『夜空ノムコウ』『真夜中の虹』につづいて披露されたのは、新曲の『トワイライト★トワイライト』。ドライな打ち込みサウンドに、アコギによる隙間のあるフレーズが絡み合う、まさにスガシカオ・サウンド直球の楽曲は、サビに向かってどんどん色がついていくようにカラフルになり、最新モードのポップスへと変貌を遂げた。

ラストは『19才』で、観客が総立ちになって一緒に歌った。「歌が主人公の曲をきちんとやりたい」と今年はツアーが終われば制作期間に充てたいと明言したスガシカオの次の一手が楽しみになるライブだった。

なお、この「Hitori Sugar Tour 2018」のライブ音源を収録した公式海賊盤CDが昨日よりオフィシャルオンラインショップ限定で発売がスタート。ツアーはこの後、ファイナル公演となる4月19日の大阪・なんばハッチまで続いていく。
 

スガ シカオ 中野サンプラザ


Photo by AZUSA TAKADA