初音ミクとVersaillesのヴォーカル KAMIJOによる期間限定デュオが始動、コラボシングルを3/21リリース

2018年1月12日 13:03
初音ミク×KAMIJO


2017年に10周年を迎えた電子の歌姫・初音ミクとVersaillesのヴォーカルKAMIJOによる期間限定デュオが始動、コラボシングルを3月21日にリリースする。

本作は同時発売となるKAMIJOのニューアルバム「Sang」の番外編。人間の血液で発電し、その電力で電子の歌姫が歌うという物語。KAMIJOの絶対的な世界観の中に当然のごとく君臨する歌姫は儚くも力強く歌い上げる。

同プロジェクトは、2017年12月にトレーラーを解禁。インプレッション数は350,000回を超え大きな注目を集めている。

漫画「ローゼンメイデン」の作者PEACH-PIT(ピーチピット)氏がメインビジュアルを書き下ろし。1月に渋谷マルイで行われるイベント「ヴァンパイア・フェス」にはMALICE MIZERのリーダーで現Moi dix MoisのMana氏がプロデュースするブランドMoi-même-Moitié(モワメームモワティエ)がその絶対的なクオリティで初音ミクの衣装を製作。ヴィジュアル系、ヴァーチャル・シンガー、漫画、ゴシックロリータという日本のポップカルチャーが完全なる融合を果たし、世界へ発信される。

完全限定盤は3D印刷が施された特殊ジャケット仕様。さらにこのコラボレーションの原作「Sang -Another Story-」が掲載される。完全限定盤の初回封入特典としてスマホ用音楽カード「SONOCA」をランダム封入。KAMIJOや初音ミクに関するデジタルコンテンツを手に入れることができる。