マジカル・パンチライン“MV先行型 楽曲制作プロジェクト”が完結、クアトロA面「DEUS EX MACHINA」全曲映像公開

2017年11月28日 12:08
マジカル・パンチライン「DEUS EX MACHINA」MV

“魔法”をコンセプトとする5人組のアイドルグループ・マジカル・パンチラインが、12月20日にリリースする2ndシングルの詳細を発表した。

商品タイトルは「DEUS EX MACHINA」(デウス・エクス・マキナ)。収録楽曲4曲すべてがA面の“クアトロA面シングル”となっており、商品タイトルの解禁と同時に4曲すべてのミュージックビデオが公開された。

「DEUS EX MACHINA」は、人工知能「AI-CD β」によるクリエイティブディレクションを元に、楽曲よりも先にMVを制作し、MVに合わせて楽曲を制作するという、世界初の“ミュージックビデオ先行型 楽曲制作プロジェクト”によるもの。

「DEUS EX MACHINA」というタイトルは“機械仕掛けの神”を意味し、人工知能が神のお告げのごとく導き出したクリエイティブディレクションに従い、MVやアートワーク、楽曲に至るまでの作品作りが行われたことに由来する。キャッチコピーは“十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない”。

収録楽曲4曲はすべて、2017年10月に先行公開された“楽曲のない”MVに合わせて後から制作された。そのため、一つのMVに対して、まったく異なる4つの楽曲が存在することとなった。言い換えれば、まったく異なる楽曲でありながら、4曲ともすべて同じ映像のMVを持つ。

各楽曲の制作には、Tom-H@ckやたむらぱんらが参加。映像に合ったダークでクールなサウンドという共通点はありながらも、音楽性にはそれぞれの作家の解釈が表れ、ポストハードコアやトラップなども含むエッジィかつバラエティに富んだ作品となっている。

マジカル・パンチラインのYouTubeチャンネルでは、4曲のミュージックビデオのほか、本プロジェクトに密着したドキュメンタリー映像が公開されており、プロジェクト始動から楽曲の完成までの裏側を見ることができる。

また特設サイトでは、“ミュージックビデオ先行型 楽曲制作プロジェクト”の概要がわかりやすくまとめられている。

DEUS EX MACHINA | マジカル・パンチライン 2ndシングル特設サイト
https://deus-ex-machina.ponycanyon.co.jp/