ファレル・ウィリアムス率いるN.E.R.D、豪華ゲスト参加も話題の7年ぶりニューアルバムを12/15世界同時発売

サイトリニューアルにともない、過去の記事にて表示くずれが発生する場合があります。
ご覧のみなさまにはご迷惑をお掛けしますが、順次対応を行っておりますのであらかじめご了承ください。

2017/11/24 (金) - 18:40
N.E.R.D

ファレル・ウィリアムス率いるN.E.R.Dが7年ぶりとなるニューアルバムを12月15日に世界同時発売することが決定した。

「誰も本当の意味では死なない」というグループ名をセルフタイトルとして掲げた通算5作目となる今作は、先行シングルとして発表された「レモン」のリアーナ他、ケンドリック・ラマー、M.I.A.、エド・シーラン、アンドレ3000(アウトキャスト)、グッチ・メイン、フューチャー、ワーレイなど、錚々たる顔ぶれの豪華ゲスト陣が参加していることも話題となっており、iTunesでは先行シングル「レモン」が入手できるアルバム予約注文がスタートした。

先行シングル「レモン」は、MVに合わせて踊るダンスが“レモン・ダンス・チャレンジ”として現在世界中でSNS投稿されており、ついにはジャスティン・ティンバーレイクまで同ダンスにチャレンジ。ファレル本人とMVに登場するスキンヘッド女性ダンサーとの映像が公開され、さらに大きな話題となっている。

ファレルは米ラジオ番組公開録音時に、「例えるなら『トランスフォーマー』のようなアルバム」と今作を表現している。

「俺達はただ、システムに挑戦するような曲・・・ ある感情から、突然それが君達の耳の前で違うものに変化するような音楽を作りたかったんだ。例えるなら、『トランスフォーマー』を観ている時に、走ってきたトラックが突然君の耳の前で立ち上がってロボットに変身するようなものかな。それが、君達が「レモン」で耳にする音楽だし、アルバムを通して体験する音楽なんだ。最初はある一定のものとして始まって、それから曲がバラバラになって、それよりも少しアグレッシヴなものとして再構築されているんだよ。そして、最初から最後まで一貫して続いているのはメロディーなんだ。」
―ファレル・ウィリアムス

豪華で多彩なゲストと共にビビッドなサウンドとエネルギーに満ち溢れた今作で、N.E.R.Dが新たなポップカルチャーを創造する。

iTunes予約
https://itunes.apple.com/jp/album/id1311935265?at=10lpgB&ct=886446856896_al&app=itunes