ゆず、“オールタイムベストライブ”20周年記念ドームライブのダイジェストを2作同時公開

サイトリニューアルにともない、過去の記事にて表示くずれが発生する場合があります。
ご覧のみなさまにはご迷惑をお掛けしますが、順次対応を行っておりますのであらかじめご了承ください。

2017/11/20 (月) - 18:37
ゆず

ゆずが20日、ゆずYouTube Official Channelにて12月6日発売のDVD / Blu-ray「LIVE FILMS ゆずのみ」「LIVE FILMS ゆずイロハ」のダイジェスト映像を2作同時公開した。

「LIVE FILMS ゆずのみ」は、2016年11月26日・27日に東京ドームで開催された、デビュー20周年突入を記念した“ゆずだけの”弾き語りライブから、27日の模様を完全収録。15周年記念ライブ以来、約4年半ぶり3度目の東京ドーム公演となった同ライブは、ゆずの原点であり最大の魅力のひとつといえる弾き語りステージ。「夏色」「虹」「雨のち晴レルヤ」など新旧のヒット曲、さらに初の試みとなるソロコーナーなど、さまざまなアプローチで楽曲を披露。

また、ライブ中盤には秋田県能代市発の灯籠「天空の不夜城・愛季」がステージに登場。およそ24メートルの巨大灯籠に足を据えた圧巻のパフォーマンスで、単なる弾き語りライブではない“進化”したライブは必見。特典映像には、ライブ当日までの2人を追ったドキュメント「ゆずのみライブドキュメント『THE INTERVIEWゆずのみ』」が収録される。

「LIVE FILMS ゆずイロハ」は、今年4月に発売され、出荷枚数約40万枚の大ヒットを記録しているオールタイムベストアルバム「ゆずイロハ1997-2017」を引っさげ敢行された、自身初の全国ドームツアー「YUZU 20 th Anniversary DOME TOUR 2017 ゆずイロハ」から、最終日・福岡ヤフオク!ドーム公演の模様を完全収録。「サヨナラバス」「いつか」など初期のヒット曲をたたみかけた前半の弾き語り部分から、バンドとのダイナミズムと照明効果で壮大なスケールを見せる「表裏一体」「イロトリドリ」、そしてアルバムのメインビジュアルとなっているゆずのマスコットキャラクター「ゆず太郎」の巨大LEDと連動しながら20年の軌跡を辿る、演奏時間30分オーバーの「ゆずイロハ20曲メドレー」など、アニバーサリーならではの選曲とスケール。

さらには日本テレビ系「NEWS ZERO」テーマソング「カナリア」や、早くも新たなライブ定番曲となっているフジテレビ系「めちゃ×2 イケてるッ!!」2017年テーマソング「タッタ」、さらにアンコールで初披露した「伊藤園お〜いお茶」CMソング「愛こそ」まで、最新のヒット曲も網羅した、まさに“オールタイムベストライブ”な内容。ゆずの20年の足跡を、この映像作品2作で辿ることができる。

ゆずは先日、10カ所14公演をまわる約5年ぶりとなる全国ホールツアー「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」を終えたばかり。2作品同時の映像作品リリース後、12月22日には恒例のフリーライブ「ゆず冬至の日ライブファイナル」の開催、2018年春にはニューアルバム&全国アリーナツアーの開催も決定している。