BTS(防弾少年団)、アメリカン・ミュージック・アワード出演&人気テレビ番組出演も続々決定

サイトリニューアルにともない、過去の記事にて表示くずれが発生する場合があります。
ご覧のみなさまにはご迷惑をお掛けしますが、順次対応を行っておりますのであらかじめご了承ください。

2017/11/14 (火) - 18:27
BTS(防弾少年団)

BTS(防弾少年団)が、韓国のグループとして初めて招待され、11月19日(現地時間)に米・ロサンゼルスで行われるアメリカン・ミュージック・アワード(AMAs)に出演する。

AMAsでは、今年9月に全世界同時発売し、ビルボード200で7位獲得&77の国と地域のiTunesで1位を獲得した最新アルバム「LOVE YOURSELF 承 ‘Her'」のリード曲で、ビルボードの“Hot 100”にて67位にランクインした「DNA」を披露する予定となっている。

BTSのアメリカでの授賞式参加は5月に行われ、トップ・ソーシャル・アーティスト賞を受賞した2017ビルボード・ミュージック・アワード以来2度目で、今回のAMAs出演はフォーブスやビルボードなどアメリカのメディアでも多数のニュースサイトで取り上げられている。

さらに、米人気テレビ番組出演情報が相次いで発表。人気トーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」「エレンの部屋」「レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン」にそれぞれ出演することが決定した。

「ジミー・キンメル・ライブ!」は、11月15日に番組の野外ステージにて収録される予定だが、すでにチケットは完売。どんなパフォーマンスとトークを見せてくれるのか注目が集まる。

さらに、ラッパー・Desiignerをフィーチャリングし、Steve Aokiがリミックスした「MIC Drop Steve Aoki Remix ver.」が11月24日に全世界同時配信される。

AMAsでパフォーマンスする「DNA」と同じく最新アルバム「LOVE YOURSELF 承 ‘Her'」に収録されている楽曲で、HIPHOPサウンドのこの楽曲にEDMを牽引するDJ、Steve Aokiがどのようなサウンドでリミックスするのか注目だ。