SUGIZOソロ20周年記念アルバム、第2弾発表アーティストのコメント&清春、Toshl、TERUらをフィーチャーしたクロスフェード公開

サイトリニューアルにともない、過去の記事にて表示くずれが発生する場合があります。
ご覧のみなさまにはご迷惑をお掛けしますが、順次対応を行っておりますのであらかじめご了承ください。

2017/11/14 (火) - 18:26
SUGIZO

SUGIZOソロ活動20周年のオリジナル作品「ONENESS M」に参加したアーティストの中から、第2弾発表アーティスト、TAKURO(GLAY)、京(DIR EN GREY/sukekiyo)、TOSHI-LOW(BRAHMAN)、清春、MORRIE(DEAD END/CREATURE CREATURE)、川上洋平([Alexandros])の6名のコメントが公開となった。

また、アルバム収録曲である「VOICE feat.清春」、「感情漂流 feat.辻 仁成」、「PHOENIX ~HINOTORI~ feat.Toshl」、「巡り逢えるなら feat.TERU」、「Rebellmusik  feat.K Dub Shine」の5曲を試聴できるクロスフェード動画も公開された。使用されている写真も初公開の写真となっている。

「ONENESS M」特設サイト
http://www.sugizo.com/20th/

参加アーティスト コメント
僕は毎日スギゾーさんの為にお祈りしています。
「神様、スギゾーさんはあんなに音楽を愛しているのだから
今度生まれかわってもどうか大好きな音楽の1番近くに生まれかわりますように」と。

「人間なんて贅沢は言いません。例えばジョンの丸メガネ、ジミヘンのヒゲとかボウイのジギーの衣装やなんなら、INORAN君の投げるようのピックとか。」
毎日毎日僕は祈っているのです。
TAKURO(GLAY)


絶望と美

この楽曲の持つ旋律から感じたこの2つのワードを
自分なりに咀嚼し、自分の世界観を滲ませました。
京(DIR EN GREY/sukekiyo)


拝啓 スギちゃん

ソロ作るから言葉入れてよ!的なお誘いを受けて
ああ何か大人数でコーラスをやる感じだと思って
あ~いいよ~!なんて軽~く返事をしたら
俺の音楽経験上に全くない音がビッチリ入った
芸術点の高すぎる楽曲がガツンっと送られてきて
今まで力技だけで音楽をギリ何とか演っちゃってる俺の
頭の先っぽから煙がプスプス焦げつき始めて
何なの!(怒)これは最新型の辱めプレーなの?って時に
スギちゃんから送られてきた曲のへのヒントの言葉
「悪化の一途を辿る世界情勢、睨み合いをやめられない悲しいレベルの各国家、迷走する日本政府、震災後の新しい生き方を模索する日本。できれば最後にはポジティブな方向へ…」
はあ!?このドロ沼の状況の最後にポジティブ!?何々この超難題!?
脳味噌筋肉の俺に難しすぎんだろ~…って諦めかけてた
レコーディング前日に中津川のフェスで一緒に歌った
仲井戸”CHABO”麗市が最後に朗読したその一言に希望の救いを見つけ
何とか「Garcia」を仕上げることが出来ました
これが正解だったのか合格点に辿りついたかはわからないけど
スギちゃんと一緒にこの曲を作りあげられたことは
これからどんな未来になろうが胸を張って生きられる証になるよ
また夜明けまでフラっフラになるまで飲もうよ
あの日の朝の約束を石巻で実行してくれて
本当にありがとう

心の同志 TOSHI-LOWより
TOSHI-LOW(BRAHMAN)


美学を貫き昇天させ、変化させられる人は少ない
お互いの美学が共鳴し合う関係にあるギタリストとヴォーカリストの例も日本にはあまりない
SUGIZO君と知り合い
SUGIZO君を見ていて思う
数少ない、僕にとって理想的な人だと
清春


始めに世界ありき。音楽的才能に恵まれたギタリストは数あれど、音楽を通じて独自の世界を実現しようとしているギタリストは稀にしかいません。SUGIZOはそんな世界を持っている数少ないギタリストの一人だと思っています。そして、ここにSUGIZOの世界と私の世界の融合が果たされました。死、すなわち永遠の無の眠りの果てには何があるのだろうか。そんなことに思いを馳せながら歌いました。あなたの永遠のレクイエムに。
MORRIE(DEAD END/CREATURE CREATURE)


この度はSUGIZOさんのソロ作品に参戦させていただき、誠に光栄です。しかもTAKUROさんが書いた歌詞を歌えるなんて「RYUICHIさんとTERUさんの気持ちを一瞬でも味わえる」と胸が躍りました。そして実はそのTERUさんにSUGIZOさんとの一席を設けていただき、今回のお話に至ったことも感謝です。
川上洋平([Alexandros])