須澤紀信、“未熟だった頃の恋の傷跡”を歌いあげる2ndシングル「ノイズ」1/24発売

サイトリニューアルにともない、過去の記事にて表示くずれが発生する場合があります。
ご覧のみなさまにはご迷惑をお掛けしますが、順次対応を行っておりますのであらかじめご了承ください。

2017/11/14 (火) - 17:43
須澤紀信

10月4日に“繋がり”をテーマに描いた1stシングル「はんぶんこ / 夢の続き」でメジャーデビューを果たした須澤紀信が、来年1月24日に2ndシングル「ノイズ」を発売する。

「はんぶんこ」では“かけがえのない人と出逢えた喜び”を力強くも優しい声で歌い上げた須澤だが、今作の表題曲である「ノイズ」ではメロディラインと絶妙にマッチした甘美な声の響きに耳を奪われる。“未熟だった頃の恋の傷跡”を、どこか女々しく、そして語るように歌い上げるその声にはキュンとさせられる。

カップリング曲「ハミングバード」は、はじけるようなロックチューン。初めて恋をした時の衝撃と浮かれきっている気持ちを詞とサウンドで見事に表現しており、つい歌いたくなる気持ちの良い楽曲だ。

シンガーソングライター・須澤紀信をリアルに体感できるライブも東京・名古屋・大阪で開催される。CDのバンドアレンジとは異なる、アコースティックギターの弾き語りスタイルをメインに展開されるライブでは、須澤の声の情緒を余す所無く感じられる空間となる。

また、須澤紀信の公式YouTube Channelにて、「ノイズ」のミュージックビデオが公開されている。このMVには須澤自身も出演し、まるで楽曲の世界に入り込んだような世界観で、切なくほろ苦い思い出をより深く表現した作品になっている。