井上陽水「ブタのような女と・・」秋のコンサートツアーで“あの名曲”の裏話

サイトリニューアルにともない、過去の記事にて表示くずれが発生する場合があります。
ご覧のみなさまにはご迷惑をお掛けしますが、順次対応を行っておりますのであらかじめご了承ください。

2017/11/14 (火) - 16:32
井上陽水

先月より開催中の「井上陽水コンサート2017 秋“Good Luck !”」ツアー東京公演が、11月12日・13日にBunkamura オーチャードホールで行われた。

公演は、最新リリースの映像ベスト盤「GOLDEN BEST VIEW 〜SUPER LIVE SELECTION〜」にも収録されている「女神」「瞬き」「氷の世界」「結詞」「夢の中へ」「傘がない」「Make-up Shadow」など、代表曲をはじめとした豪華なセットリストで会場を盛り上げた。

井上陽水といえば先日放送されたNHK「SONGSスペシャル」にて、玉置浩二安・全地帯と披露された31年ぶりの「夏の終りのハーモニー」が話題となっており、この日のコンサートのMCでも安全地帯との秘話を語り始めた。

玉置浩二が作った曲に井上陽水が歌詞をつけた「ワインレッドの心」は安全地帯の大ヒット曲でもあり、今回のツアーでは井上陽水も歌っているが、「ワインレッドの心」は最初はもっと“いい加減”な歌詞だったと言う。

例えば「忘れそうな想い出を・・」と歌うBメロの歌詞は、「ブタのような女と・・」という歌詞で提出したところ、さすがに書き直しをしてほしいと差し戻しにあったそうだ。

奥田民生との共作曲「アジアの純真」も、そんなノリで歌詞を作っており、歌詞は採用されたが、タイトルを「熊猫深山」として提出したところ、これもまたさすがに差し戻しとなり、「アジアの純真」となった。

「我ながら、これまで“適当”“いい加減”に、ふざけた感じでこれまで生きてきてしまった」と自身で振り返りながら「これまでを反省して、これから“誠実”を座右の銘に、“誠心誠意”生きていきます」と、笑いながら宣言するところを見ると、おそらくこれからもスタンスは変わらないのだろう。

コンサートツアーは12月3日の東京国際フォーラム ホールAまで続く。“誠実”に、ふざけ続ける井上陽水のエンターテインメントを体験しよう。


Photo by 有賀幹夫

セットリスト
11月12日(日)Bunkamura オーチャードホール公演
1 この頃、妙だ
2 Pi Po Pa
3 フィクション
4 青空、ひとりきり
5 Make-up Shadow
6 なぜか上海
7 カナリア
8 My House
9 ワインレッドの心
10 女神
11 瞬き
12 帰れない二人
13 神無月にかこまれて
14 Just Fit
15 コーヒー・ルンバ
16 とまどうペリカン
17 めぐり逢い
18 夜のバス
19 氷の世界
20 海へ来なさい
アンコール
21 アジアの純真
22 夢の中へ
23 夏の終りのハーモニー

11月13日(月)Bunkamura オーチャードホール公演
1 この頃、妙だ
2 Pi Po Pa
3 フィクション
4 青空、ひとりきり
5 Make-up Shadow
6 なぜか上海
7 東へ西へ
8 My House
9 ワインレッドの心
10 女神
11 瞬き
12 帰れない二人
13 神無月にかこまれて
14 Just Fit
15 コーヒー・ルンバ
16 とまどうペリカン
17 めぐり逢い
18 夜のバス
19 氷の世界
20 結詞
アンコール
21 アジアの純真
22 夢の中へ
23 傘がない