BRADIO、愛と感謝を伝えた初のZeppツアー完走「BRADIOを見つけてくれてありがとう。」

サイトリニューアルにともない、過去の記事にて表示くずれが発生する場合があります。
ご覧のみなさまにはご迷惑をお掛けしますが、順次対応を行っておりますのであらかじめご了承ください。

2017/11/14 (火) - 11:13
BRADIO、Zepp Tokyo

先月10月11日にシングル「LA PA PARADISE」でメジャーデビューを果たした、ファンクロックバンド・BRADIOがリリースツアーのファイナルをZepp Tokyoで迎えた。

今回のツアーは、シングル「LA PA PARADISE」のリリースを記念して行われたもので、10月27日のZepp Nagoyaを皮切りに、Zepp Osaka Baysideを経てZepp Tokyoでツアーファイナルを迎えた。BRADIOとしては、初Zeppツアーとなる。

今回テーマはボタニカル調という色とりどりの花や草木の装飾が施されたステージを目の前に、開演を今か今かと満員のFPP(Funky Party People:BRADIOファン)が心待ちにしている。

開演前のラジオ番組風のBGMで会場を温めた後、待たせたみんなへの挨拶がわりにと言わんばかりに1曲目の「スパイシーマドンナ」からテンションMAXで突っ走る。「オトナHIT PARADE」までテンションを保ち、続く「Take Me Higher」では一転しグルーヴィーな世界を届ける。

会場全体が手を振って一体感のある「シークレットコード」を「サンキュー!」とビシッと決めると今日初めてのMCへ。

「サンキューSOLD OUT!!!」とまずは今回の公演がソールドアウトになったことに感謝を述べた。そして、「ファンキーしてるかい?ハッピーしてるかい?俺たちが“ファンピー”を届けに来たぜ!」と宣言して「All I Need Is You」「Bring It On!」を続けて披露。

大山の美しいギターソロに会場が聞き入り、真行寺のパワフルなシャウトが会場中に響き渡る。会場からは「かっこいいー!!」と歓声が溢れる。

続く「-Freedom-」は真行寺のソウルフルなボーカルとホーン隊が奏でるムーディーなイントロでスタート。こういった曲間でもソウルフルなパフォーマンスを見せて楽しませてくれるところがBRADIOらしい。

「次は久しぶりのミディアムナンバーをいきたいと思います。」というMCをはさんで披露されたのは1stミニアルバムに収録されていた「雨恋」。真行寺が歌い出すとまさかの選曲に会場からは歓声が起こる。

今回のシングルのカップリングに収録されている「Baddest」をクールに決めたところで、突如舞台が暗転する。突如、学生服に身を包んだ大山、酒井、田邊がステージに登場すると会場が大爆笑に包まれる。

ここからは、何故かコント調の即興学園ドラマがスタート。心なしか過去2回のライブを経てそれぞれの演技力が上がっている気がするということはさておき、実はこのコント、先日ニコニコ動画で行われたメンバーの体力測定で最下位だった田邊のダンスを覚えてライブで披露するという罰ゲームの前フリとして決行されたものだった。

観客の煽りを受けてtrfの「EZ DO DANCE」を全力で踊る田邊。この瞬間、会場は笑いに包まれたダンスホールへと変わった。

ダンスが終わり衣装チェンジをして再びステージに登場したメンバー、しかしギター大山の姿がない。衣装のシャツが紛失し登場に時間がかかっている。そんなピンチも即興のラップでファンキーに歌にして楽しませてくれるところがBRADIOらしい。無事ツアーTシャツを着て大山が登場。

ここからファンクモードへとシフトチェンジしたBRADIOはライブでも定番曲となった「Back To The Funk」で会場をBRADIOのダンスホールへと変えていく。

FPPの一体感あるダンスも見事で、一人一人が本当に楽しそうに踊っている。勢いそのままに「真夏の悪魔」「FUNKASISTA」「Overnight Superstar」「KAMISAMA」を立て続けに披露。BRADIO 1のヒットソングへと成長した「Flyers」では、客席へバルーンが降り注ぐサプライズもあり、一緒に楽しんでいる。

ここで改めて「このメンバーで音楽が出来て辛いこともあったけど楽しかった。そんな7年があって今回のZepp 公演がSOLD OUTできた。BRADIOを見つけてくれてありがとう。」とここまでついてきてくれたFPPへの感謝を語る。「そんな愛と感謝を詰め込んだ最高のソウルアンセムを聞いてくれ!!」と最新曲「LA PA PARADISE」を披露。

BRADIOが紡ぎ出すの多幸感に溢れるグルーヴに会場全体が包まれる。煌びやかなステージの上で誰よりも音楽と、この瞬間を楽しんでいる嬉しそうなメンバーの表情がとても印象的だ。

アンコールの拍手に迎えられ続いて披露されたのは「Thanks」。感謝の気持ちを噛みしめるように歌い上げる。今回のライブラストの曲「Tonight! Tonight! Tonight! -決戦は今夜-」では文字通りハッピーでファンキー“ファンピー”な空気が会場を包んでいた。

「音楽って素晴らしい、ありがとう!!」と最後まで感謝の気持ちを伝えて初のZeppツアーは幕を閉じた。

年末も「MERRY ROCK PARADE 2017」「COUNTDOWN JAPAN 17/18」と勢力的にフェスへの出演が決定しているBRADIO、さらに大きな目標に向かって成長していく彼らが次は一体どんな形で音楽の楽しさを伝えてくれるのか、今後の活動に注目したい。

Photo by ヤマダマサヒロ

セットリスト
M1.スパイシーマドンナ
M2.オトナ HIT PARADE
M3.Take Me Higher
M4.シークレットコード
M5.All I Need Is You
M6.Bring It On!
M7.-Freedom-
M8.雨恋
M9.Baddest
M10.Back To The Funk
M11.真夏の悪魔
M12.FUNKASISTA
M13.Overnight Superstar
M14.KAMISAMA
M15.Flyers
M16.LA PA PARADISE
M17.Thanks
M18.Tonight! Tonight! Tonight! -決戦は今夜-