大原櫻子×WOWOW、全国ツアーのコンセプト・見所を語る「楽しい時間をたくさんの方と共有したい」

サイトリニューアルにともない、過去の記事にて表示くずれが発生する場合があります。
ご覧のみなさまにはご迷惑をお掛けしますが、順次対応を行っておりますのであらかじめご了承ください。

2017/11/09 (木) - 12:16
大原櫻子×WOWOW

大原櫻子の全国ツアー「大原櫻子 4th TOUR 2017 AUTUMN 〜ACCECHERRY BOX〜」追加公演となる11月14日の東京・Zepp Tokyoの模様が、WOWOWで生中継される。これに先駆けて、今回のツアーのコンセプトや見どころについて、大原櫻子に語ってもらった。

——タイトルの意味も含めて、今回のツアーのテーマやコンセプトを教えてください。

大原櫻子:8月にシングルとしてリリースした「マイ フェイバリット ジュエル」という曲は秦 基博さんが作詞・作曲してくださったのですが、“ジュエル=アクセサリー”というイメージと、櫻子の“チェリーブロッサム”と掛け合わせて、今回のツアーを「ACCECHERRY BOX」というタイトルに決めました。「1曲1曲がお客さんのジュエルとして届きますように」という願いを込めて、そして一つのアクセサリーじゃなくて、いろんな楽曲、いろんなジュエルが集まったライブにしたいという思いも込められています。

——ツアーも今回で4回目。これまでのツアーでは毎回新しいことにチャレンジしてきましたが、今回も何かに挑戦されていますか?

大原:1stではエレキギター、2ndではピアノを演奏し、前回の3rdではダンスにも挑戦しました。今回はカバー曲を歌いたいと思って、ツアーが始まる前にSNSでファンの方に呼びかけて、候補曲を募らせてもらいました。皆さんの意見を参考にして、その中で私が歌いたいと思う楽曲を選んで今回のツアーで歌っています。楽しみにしていてくださいね。

——今回のセットリストはどのように決めましたか?

大原:これも見ていただいてのお楽しみですが、カバー曲ともう1つサプライズがあります。今回のツアーは“かっこいい”をコンセプトにしたいと思って、例えば衣装に黒のテイストを入れてもらったりしています。前回まではピンクが基調になっているなど可愛らしいシーンが多かったんですが、今回は全体的にかっこいい感じにしたいなって。でも、スタイリッシュすぎても私らしくないんじゃないかと思って、和やかな空気になれるシーンが欲しくて懐かしい曲を演奏するコーナーもあります。新しい曲が増えると、新しい曲がセットリストの中心になってしまいますが、懐かしい曲を聴きたいと思ってくれる方もいるので、お届けします!

——デビュー以降、たくさんのライブを経験されてきましたが、ライブでの見せ方や聴かせ方に変化はありましたか?

大原:やっぱり二十歳を超えて“大人っぽさ”や“かっこよさ”は以前よりは出ているかなと思います。10代の頃はアグレッシブで元気な曲が多かったんですが、楽曲のバリエーションも増えましたし、私が成長していくにつれて応援してくださる方も成長して下さっているなと。意識して変えるというよりは、自然に変化していると思いますし、これからもやりたいことを素直にやれたらいいと思っています。

——11月22日に8枚目のシングル「さよなら」がリリースされますね。

大原:この曲はいきものがかりの水野良樹さんに作っていただきました。最初、失恋ソングだということを聞いていなくて、曲を初めて聞いた時に「失恋ソング、来た!」ってビックリしました(笑)。でも、水野さんらしいというか、水野さんの匂いがするキレイな曲だなって思いました。いきものがかりさんの曲は中学の頃からずっと聴いていて、まっすぐで、子供から大人まで愛されるキレイな楽曲というイメージがありました。「さよなら」はそのイメージも壊さず、でも大人の失恋を描いているところに新しさも感じます。

——「マイ フェイバリット ジュエル」の秦 基博さん、今回の「さよなら」の水野良樹さんなど、関わる方が増えるとそれだけ大原さんの世界も広がりますし、ライブにもいろんな変化が生まれそうですね。

大原:そうですね。引き出しが増える感覚がありますし、自分では見つけられないものを見つけてもらうという感覚もあります。自分でも気づかなかった一面が引き出される感じがして、すごく楽しいです。

——さて、11月14日はWOWOWでライブが生中継されますね。

大原:うわぁ、緊張します(笑)。私もよくWOWOWさんでライブを観るのですが、同じように全国の方が見るわけですからね。しかも生中継!会場にいる人だけじゃなくて、カメラの向こうにたくさんの方がいると思うとドキドキします。

——今回のライブを観る視聴者の方に、ライブの魅力を教えてください。

大原:ライブの時が一番素の自分が出ていると思うんです。見にきてくれているお客さん全員が私の味方のように感じるので、テレビの歌番組などと比べてもライブの方が全然緊張しないんです。MCの時とかバンドメンバーの方たちとのやりとりとから「大原櫻子はこういう人なんだ」ってわかってもらえると思います。あと、ライブをテレビで見る良さとして、クローズアップされた映像が見られるところがありますよね。生中継なので、楽しい時間をたくさんの方と共有したいなと思っています。

追加公演となるZepp Tokyoでのステージの模様は11月14日18:30からWOWOWで生中継される。これまで通りのかわいらしさはもちろん、“かっこよさ”を前面に出した大人な雰囲気も楽しめる大原櫻子のライブを生中継で堪能しよう。

衣装:VL by VEE

WOWOW「生中継!大原櫻子 4th TOUR 2017 AUTUMN〜ACCECHERRY BOX〜」
http://www.wowow.co.jp/sakurako/