紅白出演演歌歌手・島津亜矢、映画『ガンダム』主題歌に大抜擢&舞台挨拶に登壇決定

2017年9月1日 12:15
島津亜矢

紅白出演演歌歌手・島津亜矢が、明日9月2日より4週間限定で全国35館にて上映される『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』の主題歌を担当することがわかった。

1979年にTV放送された、日本ロボットアニメの金字塔「機動戦士ガンダム」。本作は、そのキャラクターデザイン・アニメーションディレクターの安彦良和が手掛けた、累計発行部数1,000万部を誇るコミックス『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』をアニメ映画化したもの。

今回の主題歌抜擢は、本作の原作者・総監督である安彦良和が、島津の歌声に聞き惚れ、たっての願いということでオファーをしたところ、快諾。映画の主題歌としては、1999年公開『極道の妻たち〜赤い殺意〜』の主題歌「都会の雀 / 裏みちの花」があるが、アニメの主題歌を努めるのは今回が初となる。

その主題歌「I CAN'T DO ANYTHING-宇宙(そら)よ―」は、優しいながらも、力強く、どこまでものびゆく歌声で、観客の心をつかみさらなく感動へといざなう楽曲。また、この楽曲がポップスであることから、歌手名義を島津亜矢ではなく「AYA」と表記している。

さらに、9月7日の新宿ピカデリー(18:00の上映回)にて、安彦総監督&島津亜矢登壇舞台挨拶開催が決定。当日は主題歌歌唱も予定している。

そして、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』の映像と、主題歌「I CAN'T DO ANYTHING-宇宙(そら)よ―」のPVも映画公式サイトで公開されているので、チェックしてみよう。

島津亜矢 コメント
安彦総監督が、私の歌を聴いて下さっていた事から、今回のご縁を頂いたと伺いました。貴重な機会を頂き、本当に感謝の気持ちで一杯です。
レコーディングに臨むにあたり、監督が「ガンダム」に懸ける想いを話して下さいました。テーマやコンセプトを一生懸命に説明して下さる監督のお顔が、どこか少年の様にも見えて、とても印象に残っています。
楽曲を手掛けられた渡辺先生や服部先生をはじめ、携わるスタッフの皆さんもとても情熱的で、「ガンダム」はこうした皆さんの手によって世に送り出されてきたのだなと感じると共に、歌手として参加をさせて頂けた喜びを感じました。
そんな『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』もクライマックスへと向かいます。是非、劇場に足をお運び頂き、お楽しみ頂けたらと思います。

映画情報
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』
9月2日より全国35館にてイベント上映(4週間限定)
©創通・サンライズ
配給:松竹
公式サイト:http://gundam-the-origin.net

リリース情報
主題歌シングル「I CAN'T DO ANYTHING-宇宙(そら)よ―」
アーティスト:服部隆之Presents GUNDAM THE ORIGIN featuring AYA
2017年9月2日発売 劇場仕様盤 TEA-2 2,315円+税
2017年9月20日発売 通常盤 TECA-15798 1,389円+税
<収録内容>※「劇場仕様盤」「通常盤」共通
(1) I CAN'T DO ANYTHING –宇宙(そら)よ-
(2)ルウム宙域の会戦(Instrumental)
(3)暴走少年(Instrumental)
(4)女戦士覚醒(Instrumental)
(5) I CAN'T DO ANYTHING –宇宙(そら)よ-(Instrumental)