ゆず、俳優・桐谷健太と“異色”初共演で「海の声」「栄光の架橋」ほか披露

サイトリニューアルにともない、過去の記事にて表示くずれが発生する場合があります。
ご覧のみなさまにはご迷惑をお掛けしますが、順次対応を行っておりますのであらかじめご了承ください。

2017/08/10 (木) - 19:30
ゆず、俳優・桐谷健太と“異色”初共演で「海の声」「栄光の架橋」ほか披露

ゆずが9日、山梨県・身曾岐神社能楽殿にて、ファンクラブライブ「ゆずの輪 presents 夏祭り 杜の音」を開催した。

ライブ中盤には、俳優の桐谷健太がサプライズ出演し、ゆず楽曲のほか、auのCMソングとして話題となった「海の声」など、全3曲をコラボレーション。会場に集まった約2000人の観客を沸かせた。

同ライブは、ゆず公認ファンクラブ「ゆずの輪」会員を対象に、「20周年イヤーのゆずとファンのみんなで、夏の思い出をつくりたい」という思いから、過去にライブ経験があり、猛暑日が続くなか涼し気な雰囲気が漂う同所にて実施。会場付近にはオフィシャルグッズのほか、オリジナルデザイン商品が取れるスーパーボールすくいやわなげなど縁日も行われ、まさに“夏祭り”として賑わった。

今回の異色の初共演は、桐谷が浦島太郎役でシリーズ出演しているau「英雄だけの夏」篇にて、同所がロケ場所として撮影されたことが縁で、ゆずから桐谷に出演をオファー。その依頼を桐谷が快諾し、一夜限りのコラボレーションが実現した。

ライブでは、今回のオファーを受け、桐谷自身が当時ヘビーローテーションしていたというアルバム「ゆず一家」より、「特に好きなゆずの曲」としてリクエストした「手紙」、そして桐谷の「海の声」をそれぞれコラボレーション。アンコールでは再び桐谷が登場し、「栄光の架橋」をゆずと共に歌唱。ゆずとしても、「夏色」「雨のち晴レルヤ」などヒット曲を多数披露した。