菅田将暉、ラブソング「呼吸」MVはワンカットで撮影

サイトリニューアルにともない、過去の記事にて表示くずれが発生する場合があります。
ご覧のみなさまにはご迷惑をお掛けしますが、順次対応を行っておりますのであらかじめご了承ください。

2017/08/08 (火) - 11:15
菅田将暉

菅田将暉の新曲「呼吸」は、菅田が初の作詞参加したラブソングだ。今作のミュージックビデオではワンカット撮影に挑戦。撮影テイク数はわずか3テイクで撮り終えた。

エキストラカップルがオブジェ的にそれぞれのラブストーリーシーンを演出しているその真ん中を恋愛の葛藤や苦悩をさらけ出すように、菅田が突き進んでいくというシンプルなテーマ。現場でイメージを固めた菅田が、やりきれなさや思いを閉じ込めたり感情的になったり、カットの掛からない1つの流れの中で色々な表情を見せながら自身で作詞した楽曲の世界を彩るように表現したミュージックビデオになった。

また、菅田本人からも以下のようなコメントが到着している。

菅田将暉コメント
1カットの中で色んなカップルのまわりをゆらゆらと彷徨い歩き、時には走り、切なくなったり叫んだりしました。
「失恋」という誰もが経験のある孤独、呼吸するだけで辛かった恋、そこから一歩踏み出しポジティブな未来を感じてもらえたら、と思いながら撮影に臨みました。
非常にライブ感のある撮影で、本番でもいくつかのハプニングがありました。
それすらも活かしていける撮影だったと思います。
一人の呼吸の乱れでも全体の流れが乱れてしまう。
「呼吸」という楽曲とリンクしたMVになっていると思います。