OTOTOYの学校で高野修平氏によるソーシャルメディアマーケティング講座開催

2013/03/06 (水) - 21:00

posted by 高野修平]]>
textOTOTOYの学校でソーシャルメディアマーケティング講座を持ちます(全3回)

OTOTOYの学校でソーシャルメディアマーケティング講座

今日は完全な宣伝になります。

2013年2月22日にソーシャルメディアウィークというカンファレンスの中で光栄なことに、「物語を作るコミュニケーションプランニング-宇多田ヒカル、AI、ポッキー、オーディオテクニカの事例から考える-」に登壇させて頂きました。これは普段、どちらかというと僕が働くフィールド寄りのカンファレンスでしたが、今度は完全に音楽寄りのほうで機会を頂くことが出来ました。

この度、読んで、聴いて、買えるミュージック・ダウンロード・サイトであるOTOTOYが主催するOTOTOYの学校で講座を持つことになりました。とはいっても、ずっと続くものではなく、全3回の短期講座になります。

どんべいさんこと永田純さんの音楽講座の一環として光栄なことに開催することになりました。永田さんの著書「次世代ミュージシャンのためのセルフマネージメント・バイブル 自分を作る・売る・守る!」も素晴らしい内容でした。そんな素晴らしい方のもとで、今回の講座は全3回で以下の日程で実施いたします。

<タイトル>
どんべい先生の音楽業界塾 ~ミュージシャンのためのFacebook活用講座 実践編~

<開催日時>
第1回 : 2013年4月11日(木) 20:00-22:00
第2回 : 2013年4月25日(木) 20:00-22:00
第3回 : 2013年5月9日(木) 20:00-22:00


内容としては、もういまさら感は満載ですが、ソーシャルメディアの基礎から応用、そして主にFacebookページの実践まで幅広く行ないます。特にソーシャルメディアの基礎は、ソーシャルメディアが一般化してきたからこそ勘違いや誤解も多いのが現状です。そこで、もう一度、原点に立ち返り復習してみたいと思います。特にミュージシャンの方はフィットするかもしれません。

その後、第2回は著書「音楽の明日を鳴らす-ソーシャルメディアが灯す音楽ビジネスマーケティング新時代-」「ソーシャル時代に音楽を"売る"7つの戦略」を中心にソーシャルメディアと音楽の融合をテーマの講座になります。

OTOTOYの学校でソーシャルメディアマーケティング講座

最後の講座はFacebookページを中心に実践も含めた戦術を紐解く講座になります。特にFacebookは仕様変更も多く日々アップデートされています。(よくも悪くもですが)そのあたりもせっかくなのでお話しできればと思っています。

今まで企業やセミナーなどで1回こっきりの中で上記のようなことをお話ししていたので、今回はせっかく連続講座なので、それぞれをより分解して深堀りした講座になると思います。また、講座形式もセミナー的なものになるのか、どなたかと対談形式なるかもまだ未定ですが、少しでもお金を払ってくださった方々のお役に立てればと思っています。

ソーシャルメディアはもはや次のフェーズへ突入しています。僕自身ももはやソーシャルメディアというよりも、デジタルマーケティング全般や戦略PR、ソーシャルインフルエンスへと軸足が移りつつあります。

その中で僕自身も今一度、立ち返る意味でこの講座は参加された方々の中で価値あるものになればと願っています。何卒よろしくお願いいたします。

定員数が25名と少数ですので、深く濃い3回の講座になればと願っています。いまさら聞けない!とかも大歓迎です。是非ご興味のある方はご参加頂けますと幸いです。

<料金>
3,000円(税込・1回分)
9,000円(税込・全3回分)

<定員>
25名

<開催場所>
オトトイの学校


お申し込みはコチラから。

よろしくお願いいたします。

■記事元http://groundcolor.sakura.ne.jp/ground/planet/2013/03/ototoy.html]]>
高野修平氏 画像
記事提供:高野修平 Blog「a day on the planet」

■高野修平 Twitterhttp://twitter.com/groundcolor
■高野修平 facebookhttp://www.facebook.com/takano.shuhei
■高野修平 Musicman-NETインタビューhttp://www.musicman-net.com/focus/27.html


高野修平:
a.k.a. groundcolor。東京出身、1983年生まれ。新卒で広告代理店セプテーニに入社。セプテーニ・ブロードキャスティングの立ち上げに参加。その後、WEB会社プランナーを経て、ソーシャルメディアマーケティング支援会社、トライバルメディアハウスに所属。
]]>
text]]>
feed/label/takanoshuhei.xml_self5