ヴィジュアル系特化型コミュニティアプリ「VisUnite」が今回の資金調達で目指すものとは

2018年11月15日 12:00
ダウト 幸樹さん、UNITED DREAM Inc. 市橋秀幸さん

UNITED DREAM Inc.が運営する、ヴィジュアル系アーティストに特化したコミュニティアプリ「VisUnite(ヴィジュナイト)」が、今年8月、総額約5,000万円の資金調達に成功。来年予定されているリニューアルを皮切りに、いよいよ世界展開を本格化していく。

VisUniteは、アプリに参加しているアーティストをギフティングで応援することができるサービスで、貢献度によってアーティストやユーザーに様々なリターンが用意されている。また、アプリ発のライブイベントも定期的に開催されており、異業種とのコラボレーションや演出も積極的に展開している。

VisUniteでヴィジュアル系アーティストと世界中のファンが繋がる新たな仕組みを提案する同社代表取締役 市橋秀幸さんとVisUnite活用アーティスト ダウト 幸樹さんにお話を伺いました。

 

ファンとアーティストの新たな絆を生む仕組み


ーー VisUniteはどのような想いから制作に至ったのでしょうか?

市橋:僕は日本のエンターテイメントを世界に発信したい、盛り上げたいという想いでずっと会社をやってきました。そこで、何が一番世界に刺さるかなと思ったときに、ヴィジュアル系が歴史的にも日本発祥の音楽ジャンルで、海外で“Visual-Kei”と言われているジャンルだったんですね。

あと、SHOWROOMさんや17 Liveさんのようなギフティングサービスは、女性配信者が多く男性ファンが多いという図式が多いと思います。でもヴィジュアル系なら男性配信者に女性ファンが付くという図式ができるので、これには可能性があるんじゃないかと信じて開発に踏み切りました。

ーー その他どのような差別化をされているんでしょうか?

市橋:まずヴィジュアル系に特化しているところが一番の特徴です。ジャンルを限定することでコミュニティの熱量が高まり、安心安全な場が作れます。あとはランキングイベントが大きな特徴です。アーティストが「今日は絶対1位になろうぜ」って投げかけて、ファンもそれに応えて達成したら達成したですごくいい結果なんですけど、達成しなくてもより深い結束ができる場合もあって、他にはないファンとアーティストの絆が生まれる瞬間があるんですよ。
 

VisUnite
▲「VisUnite」の仕組み。応援数に応じて様々なリターンが用意されている


ーー 昨年サービスを開始されて手応えはいかがでしょうか?

市橋:登録しているアーティストは約100組470人とまだまだ少ないんですが、それでも1人あたりの課金単価が大きいですね。

ーー 具体的にどのくらいでしょうか?

市橋:月に20〜30万円を課金してくださる方もいますね。自分の好きなアーティストをもっとアピールしたり、あとはファンのランキングもあるので、「私はこれだけあなたを応援してます」というのを伝える1つのツールになっているんだと思うんです。そういう所でやはり盛り上がってるのかなと。あとは、定期的にやってるライブイベント「VisUnite Fest Special Edition」のオープニングアクトをかけたランキングでは、課金が5倍くらい変わってきます。

ーー 今は参加アーティストが470人という事でしたが、当面の目標としては何人ぐらいを設定しているんでしょうか?

市橋:目標としてはそれの4倍、1800人くらいは。できれば全員入って欲しいくらいです(笑)。難しいかもしれないですけど、究極的にはヴィジュアル系アーティストが全員参加してるコミュニティ的なものとして、世界中のファンが直接好きなアーティストと接して、気軽に応援できる仕組みとして作りたいなと思ってます。

ーー 今はまだ日本でしかサービスは展開されてない?

市橋:そうです。来年には海外展開も開始する予定です。

ーー ユーザーからはどんな声が挙がっていますか?

市橋:やはりもっと機能を追加して欲しい、例えばコメントできるようにしたいとか、動画載せられるようにして欲しいとか、生配信して欲しいとか、要望は鬼のように来ます。でもそれを全て拾いきるのはなかなか難しいので、必要なものを精査した上で1つ1つ改善していきたいですね。最近では要望だけじゃなくお礼のメールも届くようになって。ファンが貢献して、それに対してアーティストから直接リターンがあるのはやっぱり嬉しいというような意見も頂いています。

 

異業種とのコラボでヴィジュアル系マーケットを拡大


ーー 幸樹さん(ダウト )は最初にお話を聞いてどのように思いましたか?

幸樹:最初から抵抗はなかったですし、市橋さんの考え方がすごく面白いと思いました。フィールドが僕とは全然違いますけど、ぶっこんでいくところがすごく好きなので。面白そうなものに対しては対価よりも経験と言いますか、多分イベントに出なかったら現状維持のままなので、イベントに出ることによって開く可能性もあるならやろうと思いました。

ーー 実際サービスを使われてみていかがですか?

幸樹:ライブも一緒だと思うんですけど、ファンと繋がる1つのコンテンツだと思っていて、ファンも楽しく気楽に推してくれるというのもあるし、普段僕らは写真をプレゼントしたりしてるんですけど、そういうのはTwitterなんかではできないので、ファンにちゃんと還元できるような仕組みになっているのは魅力だなと思います。

ーー ライブイベント「VisUnite Fest Special Edition」にはどのような狙いがあるんでしょうか?

市橋:2つあって、1つはヴィジュアル系を主軸として、色々な業種の人を巻き込みたいなと思ってるんですよ。今幸樹さんが言ったように、ヴィジュアル系って閉鎖的で入りづらい印象を持たれているんですよね。それをもっとオープンにしたいなって思って。

ヴィジュアル系のターゲットは若い女性ファンで、彼女たちは投資欲が強いという特徴があります。そこに対してアプローチしたい企業さんやスポンサーを集めたりだとか、それこそヴィジュアル系に親和性のある日本の伝統文化とか、ファッションとかビューティーなんかとコラボさせて、複合的なエンタメ空間を作りたい。そういった方法でヴィジュアル系というコンテンツをもうちょっと広い意味で伝えていきたいですね。

幸樹:ヴィジュアル系のイベントでありながら、手相を見てくれる占い師がいたり、TENGAがあったり、ヘアメイク、美容系のブースもあるとか、ライブの合間での楽しみ方があるのはこのイベントだけかなと思います。

市橋:それがきっかけで衣装もタイアップできたということもあるので。

幸樹:そう、すごくお世話になってるんですよね。僕らやっぱり和服を着ることが多いので。
 

「VisUnite Fest Special Edition」
▲12月10日に開催されるVisUnite発のライブイベント「VisUnite Fest」


ーー 出演アーティストにも直接還元される。

市橋:アーティストスポンサーという考え方も1つあると思うんですよ。YOSHIKIさん(X JAPAN)だとイベントに大手IT企業をスポンサーに付けたりとか。でもヴィジュアル系の閉鎖的なイメージもあるので、まずはイベントで実績を作った上で、直接アーティストにスポンサーが付いたら面白くなるなと思って。

2つめに、既に活躍しているバンドと新人バンドの接点となるような場を作りたいと思っていて、利益を求めてイベントを組むわけじゃなくて、接点を作ることで、1つの土台ができていくんじゃないかなと思っています。おそらくヴィジュアル系をもう一回波に乗せる企画は絶対にあるなと思っていて。そういった文化的なところも盛り上げる策をどんどん展開させて、最後にみんながハッピーになればいいなって。
 

VisUniteでヴィジュアル系を世界に


ーー その策の1つにVisUniteを世界で展開するということもあると思いますが、その足がかりとして8月に5,000万円の資金調達をされましたね。今後その資金でどのような強化を行う予定ですか?

市橋:開発も全て外注でやっているんですが、全く追いついてなかったのでスピード感も安定感も皆無だったんですよね。なので、まずはそこをしっかり整えるということで、エンジニアを採用して、システムの強化とアップデートの迅速化を図っています。さらに、VisUniteのプロモーション部分で、インバウンド需要も見込んだイベントをもっと仕掛けていって、ヴィジュアル系をもっとダイレクトに伝えていけるような場所を作りたいですね。

ーー 具体的にどのようなアップデートがされるんでしょうか?

市橋:まずは多言語化です。英語から始めて順次その他の言語にも対応していきます。あとは動画投稿やコメント機能など、ユーザーからの要望の多かった機能を追加していきます。また、海外でのサービス展開も来年には対応したいですね。

あと、個人的に生配信もやりたいなと思ってるんですよ。コストとアーティストがどう反応するのかわからないので検討中ではありますが。

ーー 世界に発信していくことと、インタラクティヴにユーザーとアーティストを繋げられるような機能を強化していくということですね。

幸樹:今、「ヴィジュアル系を世界に」って言ってる人ってかなり少ない、下手したら僕ら世代ではいないので。同時に誰もやってなかったことに挑戦することが今まで以上に評価される時代でもあると思うんですよ。僕は市橋さんのそういう情熱が好きだからVisUniteにも参加させてもらってるんですけど、VisUniteが世界を視野に入れているのであれば、僕らアーティストも世界と太刀打ちできるように挑戦していきたいですね。
 


VisUnite
アプリ概要

アプリ名:VisUnite(ヴィジュナイト)
アンバサダー:YOHIO(ヨヒオ)
対応OS:iOS(iOS7 以上)、Android(4.03 以上)
利用料金:無料(アプリ内課金あり)

VisUniteはヴィジュアル系アーティストが投稿した写真・動画の閲覧、
ユーザーからのLO▼U(応援)でアーティストを応援するユーザー参加型のSNSアプリ。
アプリに参加しているヴィジュアル系アーティストはLO▼U数(応援数)に応じて
イベントの出演機会・雑誌/CM広告の出演などバンド活動に必要な機会を手にする事ができる。
またユーザーにも使用したLO▼U数(応援数)に応じて、VisUniteから特別なプレゼントを提供する。
「VisUnite」のアンバサダーには、ヴィジュアル系アーティスト”YOHIO”を起用している。