SPECIAL REPORT & INTERVIEW

『プロ直伝! 職業作曲家への道』出版記念 特別対談 「続・プロ作曲家になる方法」
プロデューサー 山口哲一 氏
『プロ直伝! 職業作曲家への道』出版記念 特別対談 「続・プロ作曲家になる方法」
音楽プロデューサー 伊藤 涼 氏
『プロ直伝! 職業作曲家への道』出版記念 特別対談
「続・プロ作曲家になる方法」


プロデューサー/コンテンツビジネス・エバンジェリスト 山口哲一
音楽プロデューサー 伊藤 涼


作曲家育成セミナー「山口ゼミ」開始時に、対談インタビューをお願いした山口哲一さんと伊藤涼さんに、書籍『プロ直伝! 職業作曲家への道』の出版を記念して、対談をお願いしました。


矢印(赤) 「山口ゼミ〜プロ作曲家になる方法〜」開催記念 特別連載:http://www.musicman-net.com/report/79.html
矢印(赤) 『プロ直伝! 職業作曲家への道』:http://www.rittor-music.co.jp/books/12317323.html



山口 哲一(やまぐち・のりかず)
プロデューサー/コンテンツビジネス・エバンジェリスト

1964年東京生まれ。株式会社バグ・コーポレーション代表取締役。
SION、村上"ポンタ"秀一、村田陽一等の実力派ミュージシャンのマネージメントを手がけ、音楽プロデューサーとして 東京エスムジカ、ピストルバルブ、Sweet Vacationなどの個性的なアーティストを世に送り出した。
音楽における、ソーシャルメディア活用法の実践的な研究の第一人者でもある。プロデュースのテーマには、ソーシャルメディア活用、グローバルな視点、異業種コラボレーションを掲げている。
『デジタルコンテンツ白書2012/2013(経済産業省監修)』編集委員を務める。
著書に『ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本(ダイヤモンド社)』(共著:ふくりゅう)、『ソーシャル時代に音楽を"売る"7つの戦略(リットーミュージック)』、『プロ直伝!職業作曲家への道(リットーミュージック)』がある。
Twitter:http://twitter.com/yamabug
ブログ:http://yamabug.blogspot.jp/
詳細profile:http://ht.ly/42reJ

伊藤 涼(いとう・りょう)
音楽プロデューサー

ジャニーズ事務所が運営するレコード会社Johnny’s EntertainmentでNEWSのプロデューサーを歴任。
2005年には修二と彰の『青春アミーゴ』をミリオンセラーに導く。
2009年6月に退社し、株式会社マゴノダイマデ・プロダクションを設立。
「ここにいたこと (AKB48)」「走れ!Bicycle (乃木坂46)」の作曲者。
Twitter:https://twitter.com/ito_ryo
株式会社マゴノダイマデ・プロダクション:http://www.mago-dai.com/

1.


●今回の書籍「プロ直伝!」は、「山口ゼミ」の経験がベースになっているとか?

山口:そうですね。今年の初めから、2ヶ月で8日間の「山口ゼミ」をやって、第2期も行い、また、修了者向けにシニアコースとして、extendedと名付けた6ヶ月間月二回のクラスも始めています。その経験は書籍に反映されていますね。

伊藤:山口さんは、過去にも何冊か本を出しているけれど、僕にとっては初めての書籍だったので、CDのジャケット校正とは違った緊張感がありました(笑)。

山口:僕は途中から、楽しくて仕方なかった。素晴らしい人たちと話して、それを若い世代に伝えるって、「俺、良い仕事してるな」って(笑)。

●山口さんは書籍の中で「音楽はオワコンじゃない!」って、書かれていますね? 改めて、今の日本で作曲家を目指すことの意味をどうお考えですか?

山口:音楽ビジネスは無くならないし、ソーシャルメディア時代には、コミュニケーションを促進する力のある音楽の価値は高まることはあっても、下がることは無い。今はマネタイズの仕組みが過渡期なので、不安になるけれど、音楽の力を信じようというメッセージは込めたつもりです。

伊藤:オワコンって「終わったコンテンツ」ってことですよね? 正直、初めて聞きました(笑)。次から次へと新しいコンテンツが生まれる、今っぽい言葉ですよね。音楽がオワコンって言われてしまう感じは分からないでもない、昔ほどクリエイティブな面でもビジネスの面でも魅力がなくなってしまったんですよね。それはオーディエンスがどんどん生まれる新しいモノに目移りして、興味を失ったことが原因ではなく、創る側の“変化”だと思うんです。ひと昔前は、職人さんがひとつひとつ丹精を込めて手作りしていた。そして、それを信じる人たちが汗を流して駈けずりまわり人々に伝えた。そういう熱をオーディエンスも受け取り、また職人に創作意欲という形で戻ってきていた。でも今は、ベルトコンベアに乗せて「ハイ、おしまい!」。インフラも整っているから無駄な動きをせずに大量生産も出来るし、オーディエンスにも簡単に届けることができる。でも、その“便利”と引き換えに失ったものもデカイ! 山口さんは、マネタイズの仕組みの過渡期とおっしゃいましたけど、それと同時に“ものづくりスピリッツの過渡期”でもあると思うんです。音楽業界の時代の流れを見ても、必然だとは思うので、これを“怠慢”と言ってしまうと厳しすぎるように思いますが、いまこそ見直しが必要な時期にきているように感じます。そして、もちろん作曲家は“創る側”の重要セクションなわけで、彼らの頭の中でも、大きな改革が起きていなければいけないと思いますね。

山口:テクノロジーの使い方が大事な時代ですよね。楽するだけではなく、クリエイティブなツールとしても使いこなさないとね。
 それに、2010年代の日本人って恵まれていると思うんですよ。例えば30年前に比べて、グローバルに活躍できる可能性が、めちゃくちゃ大きくなっている。アニメやコミックのお陰も大きいけれど、僕ら日本人が何も努力してないのに、J-POPのファンが世界中にいるんですから。日本人であると言うことは、それだけで有利だと思います。そんな時代に生まれた日本人の優位性を活かして、世界的に活躍する音楽家がもっと増えて欲しいです。

伊藤:そうですね。いつまでも「いってもオレら、島国育ちだから…」っていう言い訳は通用しません。ジャパニーズであることに誇りを持って、どんどん世界に出て行ってほしいです。

山口:これまでは国内の市場に絞る方がマネタイズという意味でも効率的だったかもしれないけれど、これからはアジア新興国など経済が成長する国で稼ぐ方がよくなる、そんな時代ですからね。

●実際の講義と書籍の違いはどんなところですか?

山口:書籍は、構成を整理して書きますから、論理的には理解しやすいでしょうね。何度も読み返したりできるし、考え方を整理するのには役に立つと思います。ただ、デモテープのクオリティを上げるのは、講座の方が即効性あると思います。やっぱり伊藤涼の厳しい「伊藤斬り」の洗礼を受けないとね(笑)。

伊藤:いつの間にか、僕のデモ音源公開添削コーナーが「伊藤斬り」になっていますね(笑)。ジャニーズ時代にディレクターとして、嫌というほどデモ音源を聴いてきて、作曲家と向き合ってきたので、「伊藤斬り」こそが、僕の出来るメインイベントですね。やっぱり音楽なので、活字では伝えきれない「パッとしてギュッ」とか「ドドドドドーーーン」とかあるじゃないですか。受講生のデモを聴いて、彼らの前で話しているとテンション上がるし、書籍とは違った感情的な言葉がどんどん溢れてくるんですよね!

山口:CDとライブの関係に似ていますね。