SPECIAL REPORT & INTERVIEW

FreFlow(フリフラ)開発秘話main
(左から、関口氏、海老原氏、新倉氏)
「FreFlow(フリフラ)」でライブ/コンサート演出に新たな可能性を
— 紅白でも使用された新ペンライトシステム 「FreFlow(フリフラ)」開発秘話 —

関口博樹(株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ)
海老原 英和(ソニーエンジニアリング株式会社)
新倉 健(ソニーエンジニアリング株式会社)

2012年8月、ケミカルライトともペンライトとも違う、見慣れない光の演出を伴ったライブ映像が突如YouTubeにアップされた。アイドル・グループ スマイレージのスペシャルライブに使用されていたそのライブグッズの正体は「FreFlow(フリフラ)」。調べてみると、その少し前にコールドプレイのライブ使用でネットで話題となったシステムとも全く違うものらしい事がわかった。その後、12月に行われたソニーミュージックグループの就職説明会や、さらには紅白歌合戦にも導入されるまでに至ったという、この次世代の新型ペンライトシステム「FreFlow(フリフラ)」について、開発チームのソニー・ミュージックコミュニケーションズの関口博樹氏、ソニーエンジニアリングの海老原 英和氏/新倉 健氏に、その開発から今後の展望まで話しを伺った。(取材、文、写真:Jiro Honda)

矢印(赤) ソニー・ミュージックコミュニケーションズ http://www.smci.jp/
矢印(赤) ソニーエンジニアリング http://www.sonyengineering.co.jp/
(東京・市ヶ谷 ソニー・ミュージックコミュニケーションズにて)
2013年1月18日掲載
※FreFlowはソニーエンジニアリング(株)の商標。
プロフィール
関口博樹(せきぐち・ひろき)
株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ 執行役員/マーチャンダイジングカンパニー 代表
1956年生まれ。1979年、CBSソニーグループのソニー・クリエイティブプロダクツに入社、キャラクタービジネスなどに携わった後、2008年、ソニー・ミュージックコミュニケーションズに異動、2010年より現職。


海老原 英和(えびはら・ひでかず)
ソニーエンジニアリング株式会社 商品開発プロジェクト室1課 係長
1972年生まれ。1993年、ソニーエンジニアリングに入社後、ポータブル機器及びカーオーディオ等のアクセサリ、家庭用ゲーム機器のコントローラ、BDレコーダや液晶TVの設計を経て、2010年より現職。


新倉 健(にいくら・たけし)
ソニーエンジニアリング株式会社 商品開発プロジェクト室1課 係長
1968年生まれ。1989年よりソフトウェア技術者になり、放送設備等の通信制御ソフトやアプリケーションなどの設計、PHSの無線関連のソフトウェア開発などを数社にわたり担当し、2007年、ソニーエンジニアリングに入社、民生機器のソフトウェア設計を担当し現在に至る。

(「FreFlow(フリフラ)」デモ動画)

●新ペンライトシステム「FreFlow(フリフラ)」が開発されたきっかけというのは?

関口:ソニー・ミュージックコミュニケーションズ(SMC)としては、ソニーエンジニアリング(SEG)の方々と合流したのが2012年の1月中旬でした。

海老原:元々のフリフラ開発以前についてですが、私と新倉で、無線システムを使ったスマートメータ(自動検針など)を開発していた時期があったんですね。その時に、アニソンのライブに行く機会がありまして、確か2011年3月ぐらいだったと思うのですが、そのライブでお客さんがペンライトを使っているのを見て、「ペンライトに無線を入れたら面白いんじゃないか」と思ったんです。それで、無線でペンライトの色が変わるシステムという企画書を作って、まず部署内で提案したところ、かなり好感触を得ました。そこから、最初は予算はもらえないので、その時手に入るリソースを使用して、2011年8月に社内プレゼンを行いました。

●その反応はいかがでしたか?

海老原:上層部からも「いいじゃないか、やってみたら」と言っていただき、改めて予算をもらって、更に開発を進めました。最初の試作機は2011年12月に出来ましたね。

フリフラ試作機
(左が初期試作機、右は現行機)

それで、試作機が出来たのはいいのですが、ではこの新しいシステムを一体どのように展開させようかという話になりまして。

●最初からソニーミュージックに持って行こうという構想はあったのでしょうか?

海老原:それまでは、とにかく新しくて便利なものを作れば、誰かが面白がって使ってくれるだろうぐらいに考えてまして。

新倉:わりと気楽な感じで作っていましたね(笑)。

海老原:そもそもSEGはソニーグループなので、まずは、ソニーミュージックに相談してみたらどうだろうということで、弊社の代表とソニーミュージックの北川社長とで調整がありまして、それで関口さんとお会いする流れになりました。

●関口さんは、初めてフリフラの試作機を見た時は如何でしたか?

関口:最初に見せていただいた時に、ペンライト型フリフラの送信機も一緒だったんですけど、それをアーティストが持って、会場を制御するという使い方は面白いだろうな、と感じました。

あと、会場全体を制御して発光させるというコンセプトは、コンサート制作の中身にも関わってきます。SMCが通常扱うコンサートグッズというのは、コンサートの制作自体が全て決定した最終的なプロセスで立ち上がってきて、一番最後に商品を作るので、わりと短期で製造するんですね。ですが、フリフラはコンサート制作そのものに関わってくるものだと感じたので、通常のSMCのタームとは違う方法で取り組むべき案件だろうなと思いました。

●そのペンライト型の送信機というのは、試作段階からあったのですか?

海老原:通常の送信機を、照明卓でスペースをとらずに設置できるものにしようというのは、当初から考えていましたが、ペンライト型の送信機を作ろうという考えはなかったんです。ですが、SMCさんとお会いする直前ぐらいに、どうせだったら、アーティスト自身がパフォーマンスの中で、光を制御するのも面白いんじゃないかということで、ペンライト型の送信機も作ろうとなりました。それで、急いで新倉にソフトを組んでもらい、SMCさんにお見せしたら、「いいね、面白い」と言っていただけました。

新倉:ペンライト型送信機は、割と冗談みたいなノリで作ったんですよね(笑)。

フリフラ送信機
(中央の四角いものが通常の送信機、右下のグリップ部が黒いものがペンライト型送信機)

●SMCに見せる段階の試作機までは、海老原さんと新倉さんのお二人で製作されたんですか?

新倉:はい、試作機については、ハード周りを海老原が担当して、僕がソフトを組みました。

海老原:その後、改良を加えていくうちに、メカ屋さんとかが加わってきて、フルオーダーがかかって、最終的にはSEGで8名でやっていました。

●現在は、2社で「フリフラ合同プロジェクト・チーム」みたいな動きなんでしょうか?

関口:特にそういった枠組みは無いのですが、技術的な部分は先ほど海老原さんが仰ったようなカタチで、SMCとしては、私ともう一名の二人で営業的な部分を担っています。現在はまだ市販していないので、基本的にはBtoBの範囲ですね。

海老原:開発側(SEG)は、音楽業界に関しては全く分からないので、営業は全てSMCにお任せしています。

弊社はずっとソニーの製品で民生機を手掛けているので、その設計・製造サイクルと、SMC側のグッズ製作サイクルの距離を、双方で縮めつつ歩み寄ってというカンジですね。

関口:SMCの私が所属している部門はコンサートグッズが主ですし、SEGはそれこそ、テレビやウォークマン、ヘッドホンとか、そういうものを作っているところですからね。