SPECIAL REPORT & INTERVIEW

「コンテンツID」でYouTubeコンテンツの著作権保護と広告収入が可能に
〜グーグル株式会社 執行役員 YouTubeパートナーシップ 日本代表 水野有平氏インタビュー
 2007年にスタートし、すでに多くのレコード会社やテレビ局も導入しているYouTubeのコンテンツ管理プログラム「コンテンツID」。コンテンツのブロックや広告収入、さらにはマーケティングまでもカバーしながら無料で利用できる画期的なプログラムだ。このプログラムを導入することによってどのようなメリットが生まれたのか。また、今後の音楽業界にどのような影響を与えるのか。グーグル株式会社 執行役員 YouTubeパートナーシップ 日本代表 水野有平氏にお話を伺った。

プロフィール
水野 有平(みずの・ゆうへい)
グーグル株式会社 執行役員 YouTubeパートナーシップ 日本代表

東京生まれ。一橋大学大学院修了。
作曲家・作詞家でJASRAC正会員。TVCMプランナー、CM音楽ディレクターを経て起業。
その後、ヤフー株式会社を経て、現職。
矢印(赤) コンテンツ ID - YouTube:http://www.youtube.com/t/contentid
矢印(赤) YouTube パートナー プログラム:http://www.youtube.com/yt/creators/ja/partner.html
矢印(赤) YouTube:http://www.youtube.com/
矢印(赤) Google:https://www.google.co.jp/


[2012年5月10日 / 港区六本木 株式会社グーグルにて]

1.


●「コンテンツID」はいつスタートしたのですか?

水野:2005年5月にアメリカでYouTube が始まり、2007年6月に日本でのサービスが始まりました。「コンテンツID」は、2007年10月からベータ版として公開されています。

●具体的に、どのようなプログラムなのでしょうか?

水野:「コンテンツID」は、著作権に対応するため開発したものです。「動画認証技術」や、「音声認証技術」により、動画や音声にIDを付けて、そのIDを元にアップロードされた動画を1つ1つ認証していくという技術です。

例えば、権利者が保有する音楽や動画のデータをシステムにアップすると、ユーザーが著作権に関わる内容を含む動画をYouTube 上にアップロードした際、権利者に通知が行きます。そこで、権利者は、その動画をブロックするか、動画の視聴動向についてトラッキングするか、広告表示をさせて収益を得るかを選択します。ブロックする際には、国ごとの公開・非公開の指定も可能です。また、公開した動画をどこの国の人が見ているのか、性別や年齢などを分析し、マーケティングとして利用することもできます。さらに、アップロードされた動画に広告を表示して広告料の一部を得ることもできます。 これがYouTube の提供しているコンテンツ管理プログラム「コンテンツID」で、権利者の方に無償で使っていただいています。

●YouTubeがJASRACらと包括利用契約を結んだことで、自作の映像と楽曲を組み合わせた動画もアップできるようになりましたよね。こういった動画の場合はどのような対応をされているのですか?

水野:音声認証技術により、音楽の音源だけでも著作権に関わる動画かどうか判断ができます。人気バンドの曲を流しながら曲に合わせて踊った映像をアップした場合、映像の権利者は撮影した本人、音楽の権利者は人気バンドになりますが、音楽の権利者は、音楽の使用について通知を受け取り、その動画の音声を「無音」にするのか、そのまま使用を許可し、その動画に広告を表示させ、広告料の一部を受け取るかを、選択できるのです。