SPECIAL REPORT & INTERVIEW

ヒット志向でトップクラスに
〜 ワーナーミュージック・ジャパン 代表取締役会長 兼 CEO 石坂敬一氏インタビュー
石坂敬一氏 ヒット志向でトップクラスに 〜 ワーナーミュージック・ジャパン 代表取締役会長 兼 CEO 石坂敬一氏インタビュー
11月1日付で前ユニバーサルミュージック相談役 石坂敬一氏がワーナーミュージック・ジャパン 代表取締役会長 兼 CEOに就任した。その電撃移籍に驚いた人は多い。ワーナーミュージック・ジャパンの受付ロビーには、今回の就任を祝い、各レーベルや音楽関連企業から贈られた花束が一面に飾られており、その光景からも石坂氏の動向が業界から注目されていることがわかる。石坂氏は東芝EMI(現EMIミューッジック・ジャパン)時代から常に音楽業界の最前線で活躍。ユニバーサル ミュージックでは2008年同社設立以来のマーケットシェア ナンバーワンを達成している。再び現場の指揮官として、ワーナーミュージック・ジャパンという新たなフィールドで動き出した石坂氏にCEO就任の経緯やワーナーミュージック・ジャパンの今後について話を伺った。

写真:ワーナーミュージック・ジャパン 代表取締役会長 兼 CEO 石坂敬一氏
[2011年11月11日 / 港区北青山 ワーナーミュージック・ジャパンにて]

1.


●ワーナーミュージック・ジャパン 代表取締役会長 兼 CEOご就任おめでとうございます。まず、率直なご感想からお伺いしたいのですが。

石坂:ワーナーミュージック・ジャパンという会社は比較的中くらいのサイズなので、経営者の考えと行動がより率直に伝わるような感じがしますね。あと社内全体を見渡せるワンフロアのオフィスというところも気に入っています。

●どのような経緯で今回の就任に至ったのでしょうか?

石坂:ワーナーミュージック・ジャパンを統括している人たちの中に、私の古い友人が多いんですね。まず、ラッキー・ラザフォードさんですが、彼は私の東芝EMI時代から一緒に仕事をしていました。それからワーナーグループ トップのリオ・コーエンさんは、ポリグラムやデフジャムの頃にお付き合いがありましたので、そういったご縁がそもそもありました。

 私は法治主義、人知主義、文治主義の3つの中で、人知主義がエンターテイメントの中で一番大事だと思っています。つまり人間関係ですね。貴重な人間関係がビジネスとして活きるエンターテイメントの世界はやはりいいなと感じています。

●今回のCEO就任で現場の指揮官に戻られるわけですね。

石坂:そうですね。ビジネスにおいてはここからが引退という区切りはあまりないですよね。今まで培ってきた人間関係や、ビジネスの経験はいくらでも活かすことができるので、チャンスがあればいつでも現役に戻ることができます。私が現役に戻ることで励まされる60代、70代の方もたくさんいるのではないでしょうか(笑)。

●(笑)。

石坂:ダグ・モリスさんはユニバーサルのトップからソニー・ミュージックのトップになりましたが、これもすごいことですよね。年齢だけではなくて、彼の人間関係やキャリアが評価されている。そういうものに影響を受けますし、憧れます。

●素晴らしいバイタリティですよね。

石坂:日本人はもっとバイタルにならないと駄目だと思います。日本人は「礼節を知り謙虚」「優しくて内気」といった人格が好まれる国民風土がありますが、勝海舟や伊藤博文、桂小五郎、大隈重信のような明治時代の男を再現しようじゃないかという気持ちはありますね。その頃の日本人は気骨がありました。国際社会は強い人、大きいことを言う人が好まれますが、日本では大きいことを言う人は好まれず、謙虚であることが好まれます。ですが、これでは二重基準になってしまう。日本は世界基準で戦いに出るべきです。

●日本の文化やアーティストを海外に輸出するためにも、これまで以上にそういった戦い方が必要になってくるのかもしれませんね。

石坂:日本の音楽文化はとても古いんです。それは大宝律令が制定された時代(西暦701年)からで、文武天皇が刑部親王、藤原不比等らに命じて、音楽分野で、今で言うところの文化庁を作ったのが、日本の音楽の発展、ひいては音楽産業の発展に繋がっているんですね。そして、こういったものを古くから記録として残しているのは日本だけなんですよ。これほど素晴らしい音楽文化の歴史を有す日本人は、誇りを持って音楽産業に従事するべきだと思いますね。

●今後はどのようにワーナーミュージック・ジャパンを変えていこうと考えていらっしゃいますか?

石坂:ヒット志向ですね。マネーメイキング志向に徹します。それはまずシングルヒットを出すことから始まります。ヒットが充満してきたら、また新しい文化活動を始めればいいんです。文化活動から始めるのは傲慢ですよ。そのためにはオリコンなどのチャートにもっと敏感になるべきです。

 昔の洋楽はシングルヒットが多かったですが、今はシングルを出さないですよね。でも、今はデジタルになって着うた、ダウンロードビジネスが起こり、シングルヒットの時代になりました。シングルヒットは当てることを目的に、そしてアルバムでは好きなことをやる。シングルで好きなことをやっても当たらないじゃないですか。だからシングルヒットは産業の米なんですね。

●それは「音楽産業の米」ということでしょうか?

石坂:もちろん音楽産業にとってもですが、産業全体のですね。今K-POPの勢いがすごいじゃないですか。日本のシングルが世界でヒットしたら共通の話題が生まれますし、政治交渉もやりやすくなると思います。日本も早くそうなりたいですね。

●これまでのワーナーはシングルヒット志向ではなかったということでしょうか。

石坂:傍から見ている限りヒットソング志向が薄いですね。アルバム志向もいいのですが、それだけじゃ駄目ですよ。今大きく言えば、アイドル、K-POP、アニメソング、子供の歌、それからJ-POPがあって演歌、洋楽。この中で、今のトレンドの中心はアイドルですよ。トレンドを掴んだ上で反骨するのは一向にかまわないですが、わけもわからずやっていてもしょうがないのです。