SPECIAL REPORT & INTERVIEW

TOKYO BOOT UP! 2010実行委員会 渡邉ケン氏インタビュー
TOKYO BOOT UP! top02
 SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)を基本理念に、日本での音楽見本市開催を視野に入れた新イベント「TOKYO BOOT UP! 2010 <Vol.0>」が、9月3日〜5日の3日間、新宿のライブハウスや専門学校などで開催される。このイベントを開催する狙いや経緯、今後の展望などを TOKYO BOOT UP! 2010 プロデューサー 渡邉ケン氏に伺いました。
TOKYO BOOT UP! メイン
▼TOKYO BOOT UP! 2010 オフィシャルサイト
http://tokyobootup.jp/
プロフィール
渡邉 ケン(わたなべ・けん)

35年間音楽業界を本籍地とする音楽ビジネス萬相談アドバーザー。海外アーティスト招聘、音楽制作、音楽出版、マネージメントに従事。内外レコード・出版契約、各種交渉などに幅広く携わる。以後フリーランス活動中。00~05年SXSW-Asia事務局長。レヴォン・ヘルム、トム・ウエイツ、ジャクソン・ブラウン、トーキング・ヘッズ、エア・サプライドリームズ・カム・トゥルー、りんけんバンド、ゼルダや映画音楽、国体障害者スポーツ大会閉会式典などに多数関わる。

1.

●なぜ「TOKYO BOOT UP!」を開催しようと思われたのですか?

渡邉:そもそも、なぜ日本にSXSW※ のようなイベントがないんだろうと思っていたんです。業界が停滞している今、数多くの人が何らかの変化を求めているにも関わらず、なぜか事が動かない。だったらそういった問題を抱える人たちが集まって話し合い、共有してアクションを起こすような場が必要なのではないかと思ったんですね。

 それはSXSWが20何年前に立ち上がったときの動機と全く一緒で、テキサスのオースティンという街で「アメリカ中に自分たちのアーティストをマーケティングするにはどうしたらいいか?」ということに悩んでいた3人のマネージャーが始めたのがSXSWなんです。モデルはニューヨークの「ミュージックセミナー」で、彼らがミュージックセミナーに出向いたときに「オースティンでもこういうことをやろう」と思ったのがSXSWの発端となっています。


●初回のSXSWはどのくらい人が集まったんですか?

渡邉:1回目は700人集まったと聞いています。今は大変な規模になっているんですが、1回目のイメージが自分の中にあり、かつ、ここ一年色々な人に会うとみんな同じ問題を抱えていたので、SXSWのようなイベントを日本でやろうと思い立ったわけです。

●もう少し具体的に皆さんが抱えている問題について伺いたいのですが。

渡邉:どうやってマーケティングしたらいいのかとか、どのように自分の事業を維持していったらいいかとか、そういった問題ですね。せっかくインディーズというシーンができて、自分が一歩進める環境ができたのに、次のステップに進んだときに、マーケティングの問題やお金の問題だとか、インディーズシーンが確立されてきたにもかかわらず、その形態自体は全然変わっていないという閉塞感にぶつかっているわけですよね。そこを打破したいという気持ちが発端ですね。何か変わろうとしている意識があるということは、解決する意識を持っているということに通じるわけですから、あとは実行に移せる環境さえあれば、みんな実行するんじゃないかなと思ったんです。

●もう自分たちでやるしかないな、と。

渡邉:そうですね。それで実行委員会にも参加している村田さんと関口さんとで集まって、最初に考えたのは大江戸線を上手く使ってみようということでした。実は大江戸線の沿線にはたくさんの音楽系専門学校とライブハウスがあるんですね。西に東放学園があって、東には尚美があって、その間は大江戸線で20分で行けるんです。その尚美と東放学園のファシリティとインフラを上手く使い、その間にあるライブハウスをくっつければ面白いことができると思ったんですね。

●「TOKYO BOOT UP!」に対する業界の方々の反応はいかがですか?

渡邉:8割ぐらいはポジティブですね。

●それはメジャーメーカーも含めてですか?

渡邉:どちらかと言えばメジャーの方がポジティブです。インディーズの人は「今までと同じじゃん」という印象があるみたいなんですよ。でもマーケティングに対する検証は進んでいないと思うので、今はその検証も含めてこのイベントで精度を高めませんか? というところですね。先ほども言いましたけど、メジャーの方たちのほうがポジティブなんですが、それはメジャーの方たちのほうが変化をしたいという意識が強いのかもしれないですね。



※SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)
毎年3月、アメリカ・テキサス州オースティン市で11日間にわたり開催される音楽と映画、インタラクティブの見本市。特に音楽の4日間の開催期間中は、約300mの通りを挟んで点在する30余のライブハウスで4夜に渡り早朝まで世界中から集結した1900組の有名/無名バンドがショーケース・ライブを行う。また、ミュージック・フィルム・インタラクティブと3種類のカンファレンスも行われる。世界を席巻中のtwitterは、2007年SXSWのインタラクティブ・アワードを受賞。
★SXSW オフィシャルサイトhttp://sxsw-asia.com/