SPECIAL REPORT & INTERVIEW

1億人を超える楽天会員基盤を最大活用
定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」

楽天株式会社 三枝大祐氏
楽天株式会社 ブックス事業部 パッケージメディア課
映像グループ マネージャー
デジタル音楽グループ マネージャー
三枝 大祐

 楽天が2016年8月に提供を開始した定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」。サービス開始から約半年が経った今、Eコマース事業のイメージが強い同社が定額制音楽配信事業に参入した経緯や、1億人を超える会員基盤を持つ楽天ならではのビジネスモデルについてお話を伺いました。
2017年4月24日掲載

「楽天経済圏」との連携で高い顧客満足度を実現

—— どのような経緯で音楽配信に参入されることになったのでしょうか?

三枝:もともと「楽天ブックス」でCDとDVDの販売を行っていたので、レコード会社との関係性を活かせる環境があったことと、成長が期待できるデジタル音楽配信の分野で、新しいサービスをユーザーに提供したいと考えたところからプロジェクトがスタートしました。

—— AWAやApple Musicなど他社より1年ほど遅れてのサービス開始となりましたが、どのような意図があったのでしょうか?

三枝:楽天が作る音楽配信サービスの付加価値を考え、ユーザーが使い勝手のよいサービスとするための準備が整ったタイミングで始めました。日本国内では、CDやDVDといったパッケージ商品のマーケットが大きい状況でしたので、楽天が提供するサービスの意義を考えたときに、音楽配信だけじゃなく、パッケージ商品もアプリから購入できるような、Eコマースと連携したサービス設計にすることが重要だと考え、その準備に時間を使ったというのが一番大きいです。

—— 「Rakuten Music」は、楽天グループの各サービスと連携したビジネスモデルになっているそうですね。

三枝:そうですね。音楽ファンが音楽配信以外にも便利に使える機能や施策を展開できるのが「Rakuten Music」の特長だと思っています。先ほどもお話しましたが、気に入った楽曲のCDやDVDを音楽アプリから「楽天ブックス」を通じてワンストップで購入できるだけでなく、通常の価格よりお得に商品をご購入いただけるようになっています。実際に「Rakuten Music」のユーザーは高い割合でCDとDVDをご購入されていますので、我々の意図したところはある程度、成功しているのかなと思いますね。

—— 月額プランも楽天会員とそれ以外では価格に差がありますが、会員向け特典の1つという位置づけなのでしょうか?

三枝:そうですね。価格も重要ですが、他にも様々な会員優遇策を設けることで日常的に使っていただけるサービスを目指しています。楽天グループの様々なサービスで、楽天スーパーポイントを貯めたり使ったりできる経済圏を、我々は「楽天エコシステム」と呼んでいます。「Rakuten Music」などの音楽コンテンツは、ユーザーの接触頻度が高いサービスですので、音楽を入り口にして、音楽以外のサービスもお得になったり、便利に使えるようになったりする会員優遇策を展開することで、音楽ファンの顧客満足度を最大化していくことが重要だと思っています。

定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」価格
「Rakuten Music」ウェブページより