SPECIAL REPORT & INTERVIEW

利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答
パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大

株式会社レコチョク マーケティング部 担当部長 熊谷鉄郎 株式会社レコチョク 配信事業部 新規事業グループ グループ長 斎藤勇樹
株式会社レコチョク マーケティング部 担当部長
熊谷 鉄郎(写真右)
株式会社レコチョク 配信事業部 新規事業グループ グループ長
斎藤 勇樹(写真左)

 CDやDVD/ Blu-ray Discに封入されているパスコードを入力することで、リッピングなしに専用スマートフォンアプリから音楽や映像を楽しめる「プレイパス」が今年3月にスタートした。年内に約80タイトル、さらに来年3月にかけて約200タイトルへの対応が決定しており、着実にサービスを拡大している。「プレイパス」はパッケージ売上回復の次の一手になりえるのか。サービスを運営する株式会社レコチョク担当者にお話を伺った。
2016年12月14日掲載
—— 「プレイパス」のサービス開始から約9ヶ月経ちましたが、業界内の反応はいかがですか?

熊谷:レコード会社が共通で抱えている“CDが売れない”という問題に対して、配信サービスを提供している我々も重要な課題として、何か打開策を講じていかなければならないと考えていました。その1つとして今年3月にスタートしたのが「プレイパス」です。「プレイヤーは持ってないけどCDが欲しい」というユーザーにリーチするための、新たな手法としてご期待をいただいています。

—— デジタル市場が注目されがちですが、やはりパッケージへの期待は変わらず大きいということでしょうか。

熊谷:もちろんパッケージ以外の市場や商品もみなさん考えてはいるでしょうが、やはり日本の音楽市場においてパッケージ市場は重要なシェアを持っていますので、そこをちゃんと維持していく、伸ばしていくというのは業界全体として重要な取り組みだと思っています。

—— 実際に採用されたアーティストの反応はいかがですか?

熊谷:大変好評でして、ありがたいことにリピーターになっているアーティストさんも増えてきていますね。やはりCDを購入したファンの方のリアクションが良いんですよ。それを見るとアーティストさんも「やって良かった」と思っていただいたのか、次も実装しようとなる。そういうサイクルが徐々にできつつあります。

—— ユーザーからはどのようなリアクションがありましたか?

斎藤:Twitterなどですとファンの反応がダイレクトに分かるんですが、「便利」とか「使い勝手がいい」という評価をいただいてます。今回サービスを開始してみて初めて感じたのが、CDを聴けない環境の人が想像よりも多く、リッピングもできないのでスマートフォンで聴けない人も結構いたんですね。「プレイパス」を使うことで、「朝学校に行くときに聴ける」「聴く機会が増えた」というリアクションがあるので、それはかなり良い傾向だと思っています。

—— 「プレイパス」のユーザー層はどのあたりなのでしょうか?

斎藤:サービス利用者の居住エリアや年齢、性別がデータで把握できるのですが、タイトルによってバラバラなんですよね。若い層にも利用していただいていますが、意外だったのが40代50代の方も使ってくれているんですよね。

—— 年齢に関わらず使いやすい設計になっているんですね。

斎藤:サービスを開発するときに、あまりネットを使い慣れてない人達も使うサービスになるだろうという想定があったので、そういう方達にも簡単に使えるように、極力シンプルにサービス設計をしました。