SPECIAL REPORT & INTERVIEW

新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい
オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催

(株)ソニー・ミュージックエンタテインメント 伊藤 カズヒコ
(株)ソニー・ミュージックエンタテインメント
REDプロジェクトルーム プロデューサー
兼 エデューション事業部 Team Sonic Academy プロデューサー
伊藤 カズヒコ

 ソニーミュージックによるエンタテインメントの学びの祭典「SONIC ACADEMY FES 2016」が10月15日、16日に開催される。著名なアーティストやクリエイターから直接プロのノウハウを学ぶことができるこのフェスに、今年から新たにオリジナル楽器の独創性を競うコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が追加された。異色とも思えるこのコンテストについて開催の意図を伺った。

>>『SONIC ACADEMY FES 2016』に抽選で10名様をご招待!

2016年10月3日掲載

アイディアだけでも応募OK、遊び心溢れる新しい楽器を募集

—— 今回このコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」はどのような経緯で開催に至ったのでしょうか?

伊藤:次代の音楽を制作する人材を発掘、育成する目的でスタートしたソニックアカデミーですが、音楽を制作する人たちだけではなく、音楽を鳴らす楽器を制作、創作する人たちにもスポットを当てたい、と考えて企画しました。

—— 確かに楽器クリエイターは今まであまり注目されていなかったですね。やはり、新しい楽器は必要とされていると感じていますか?

伊藤:今ある楽器も少しずつ改良や進化してその時代にマッチしてきています。新しい楽器の出現は音楽を創る人のイマジネーションを刺激して、そこからまた新しい作品が生まれてくると思います。

—— コンテストのコンセプトを教えてください。どんなことを期待していますか?

伊藤:今、DAWでの音楽制作が当たり前で、PCがあれば鳴らせない音がない時代です。そんな時代だからこそ、テレビドラマの『下町ロケット』的な、自分にしか作れない、そんな独創的な楽器が登場するのを期待しています。今は評価されなくても10年後、20年後には当たり前にみんな使ってる、そんな世の常識を変えてしまうくらいの気概にあふれた作品が生まれたら嬉しいですね。実際に制作した楽器でも、頭の中にあるアイディアでも、どちらでもかまいません。そういう作品の中に未来の宝が埋もれているかもしれません。

—— 新しい楽器に可能性を感じている、ということですね。新しい楽器が生まれることで、音楽シーンにどのような変化が起こると思いますか?

伊藤:ひとつの革命的な楽器が登場することで新しいジャンルの音楽が生まれることは今までの歴史から見ても明らかでしょう。その楽器を代表するようなアーティストが登場してくると思います。

—— 海外などのおもしろ楽器や、驚き楽器のアイデア発表の例などをご存知でしたら教えてください。

伊藤:動画サイトでも話題になったスウェーデンのミュージシャンが作った2,000個のビー玉を転がして鳴らす、見た目は機織り機のような楽器はもはやアート、芸術作品です。”世界楽器遺産“に残したいくらいに思います。


もうひとつ、これも玉を転がすものですが、森の中に作った長い木琴の上を玉が転がりながらバッハの曲を奏でる、そんな某企業のCMもありました。


このようにアイディアと音に対するあくなき探究心で新しい楽器は生まれていると思います。

—— どちらもとても独創的で好奇心を刺激する作品ですね。あくなき探究心は何かを生み出すには必要な要素だと思います。他にどのような要素が必要だと思いますか?

伊藤:時間をムダに使わないことと、遊び心ではないでしょうか。それから楽器の外見にもこだわってほしいですね。手に取ってみたいと思わせるようなかっこいいフォルム。それでいてシンプルに鳴らせる作り。