SPECIAL REPORT & INTERVIEW

書籍『なぜアーティストは生きづらいのか?』発売記念
手島将彦インタビュー
Sponsored

手島将彦氏
専門学校ミューズ音楽院・新人開発室室長
手島 将彦

 専門学校ミューズ音楽院・新人開発室室長である手島将彦氏と、精神科医師 本田秀夫氏が、アーティストの“個性的すぎる才能”を活かす術を紹介する書籍『なぜアーティストは生きづらいのか? 個性的すぎる才能の活かし方』を4月20日に発売した。発達障害などの特性を抱えたアーティストたちの考え方や対処方法にフォーカスした本書の出版を記念して、手島将彦氏にお話を伺った。

2016年4月27日掲載
PROFILE
手島将彦(てしま・まさひこ)
鹿児島県出身。出生地は大分県日田市。早稲田大学第一文学部東洋哲学専修卒。ミュージシャンとして数作品発表後、音楽事務所にて音楽制作、マネジメント・スタッフを経て、専門学校ミューズ音楽院・新人開発室、ミュージック・ビジネス専攻講師を担当。多数のアーティスト輩出に関わる。保育士資格保持者でもある。
手島将彦 Facebookページ
『なぜアーティストは生きづらいのか? 個性的すぎる才能の活かし方』(手島将彦、本田秀夫著)立東舎

大人の発達障害は現場でも、数年前から問題として挙がっていた

—— 『なぜアーティストは生きづらいのか? 個性的すぎる才能の活かし方』は書名にこそ謳っていませんが、ミュージシャンと発達障害という、今まであまりセットで語られることのなかった2つのことが、それぞれの専門家による対談として語られているのがとても斬新ですね。ミューズ音楽院の新人開発室室長である手島さんにとって、発達障害は身近なテーマだったのでしょうか?

手島:妻が幼稚園の先生なのですが、幼児教育の現場では発達障害などのことがよく話題に出ていて、その話を聞くうちに自然に、知識としては頭の中にあったんです。それで音楽業界のことを考えてみると、「わがまま」といわれるミュージシャンってたくさんいるわけです(笑)。でも、それが本当にいわゆる「わがまま」なのかどうかの判断に迷うことは、前からしょっちゅうあって……。「どうも、本人としては筋が通ってるっぽいぞ」「何か理由があるのでは?」という感じを受けることが、多かったんですね。

—— いわゆる「わがまま」というのは、「やりたい放題」ということですね。でも、そこに何らかのロジックがあればそれは、「わがまま」ではなく「考え方の違い」ということになるわけですね。発達障害の人たちは、その違いを他人に説明するのが不得手なだけで……。

手島:そういうことは個人的にも勉強をしていましたし、発達障害に対する考え方や対処法は教育関係者向けの研修でも教わったりしていたんです。幼児だけではなく、大人の発達障害は高等教育の現場でも数年前から問題として挙がっていて……。結構有名な大学でも、成績は良いから入学してくるけど、コミュニケーションなどに問題があるので、学業や学校生活、就職活動などに支障をきたすというケースが多く報告されるようになっていて、「じゃあどうしましょう?」みたいなテーマが、あったりはしたんです。だからいろいろ知識はあったのですが、それがすぐにアーティストやミュージシャンというものとガチッと結びついたわけではなかったんですね。

—— そこが結びついたきっかけは、何だったのでしょう?

手島:実は、特に何かのきっかけがあったわけではなく、「あっ!」と思っただけなんです。「そういえば……」って。そうすると、ちょっと分からないなと思っていたことが、全部腑に落ちるようになった(笑)。本でも紹介した例ですけど、「どうしてあいつは時間を守れないのか」「コミュニケーションがどうもちょっとかみあわない」、そういったいろんなことが、結びついてきた。しかもちょうど本田先生が書かれた本(『自閉症スペクトラム 10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体』)とも出会い、全部がつながったという感じなんです。

書籍『なぜアーティストは生きづらいのか? 個性的すぎる才能の活かし方』
書籍『なぜアーティストは生きづらいのか? 個性的すぎる才能の活かし方』