音楽業界サイト、Musicamn-NETインタビュー

アーティストの活動を継続させる新たなチャネル
360度アーティスト支援型クラウドファンディング「we fan」

〜株式会社LD&K 代表取締役 大谷秀政氏インタビュー

LD&K 代表取締役 大谷秀政氏
株式会社LD&K 代表取締役
大谷 秀政

LD&Kが、360度アーティスト支援型クラウドファンディングサービス「we fan」を1月12日よりサービス開始した。「we fan」はファンクラブ・ファンサイト制作・運用およびチケット販売に200以上のアーティストとの実績をもつSKIYAKIとの共同事業で、音源制作、PR、流通、デザイン、グッズ製作、ファンクラブ運営などLD&Kの持つノウハウを最大限に活かし、アーティスト・クリエイターをサポートしていくという。「we fan」の開発の経緯やサービスの込めた想い、そして今後の目標までLD&K 代表取締役 大谷秀政氏に話を伺った。
2016年2月3日 掲載

音楽業界の実態にそぐう環境とは

—— アーティスト支援型クラウドファンディング「we fan」はどのような経緯でスタートしたんでしょうか?

大谷:LD&Kはレーベルとしては20周年を越えたところで、日本レコード協会にも10年会員として加盟していますが、その基本にはアーティスト事務所があります。アーティストを抱えている中で、創業当時から360度ビジネスをやっていて、小さいですがインフラをきちんと作ろうとやってきました。

ですから、レコーディングスタジオもライブハウスも所有して、アーティストがどうやって活動していったら一番いいかということを常に考えながら、底辺に近いところからずっと作っているわけです。そもそも、全国流通もできて宣伝マンもいて、なおかつレコーディングもできてエンジニアもいて、マネージャーもいて、というレーベルってあまりないんですね。

—— LD&Kは規模が小さいとはいえ完璧なレコード会社ですよね。

大谷:そこはミニマムにやっていかないと、という感じでしょうか。昔は3万枚売れないと成立しないと言われていましたが、そうではなくても音楽は成立するんじゃないかという想いがずっとあったんです。例えば、当時もジャズなんかは3万枚も売れる作品なんてなかったですが、そこでジャズをやる人がいなくなるかといったらそうではないですし、フィジカルが下がり始めた頃から「多様性」という言葉もよく言われましたが、それにそぐう形ってあまりないんですよね。やはりメジャーなレコード会社さんはタイトル数を多く出しますし、大手のレコード会社さんが一番上にあるヒエラルキーは変わらないわけで、そこから予算をもらったり援助金もらったりして、事務所が食っている構造も変わらないわけです。

LD&Kクラウドファンディング「we fan」
▲LD&Kクラウドファンディング「we fan」トップページ

—— その構造を変えるための「we fan」ですか?

大谷:いや、その構造は全然よくて、この「we fan」もレコード会社を否定しているわけではないんですよ。でも、音楽業界がどうしてもレコード会社の仕組みでCDを売ったり、配信もそうですけど、売って稼がないと成立しない仕組みの上に成り立っているのは事実です。メジャーのレコード会社さんで360度ビジネスをやって、うまくいっているのはエイベックスさんとソニーさんぐらいで、そういうところしか定額制聴き放題サービスにきちんと参入できてないんですよ。他のレコード会社さんは楽曲の権利を持っていないですから。

—— ほとんどのレコード会社やレーベルが実態に追いつけていないと。

大谷:そうですね。今の音楽業界の実態にそぐう形がきちんとできてないんじゃないかなというのが、今回「we fan」を立ち上げるきっかけになっています。ぶっちゃけて言いますと、レコード会社の最大の役割はファイナンスだったわけですよ。お金を立て替えてくれるというか。

—— 商社機能ですよね。

大谷:それさえクリアになれば、クラウドファンディングのような仕組みは、本当は一番便利なはずなんですが、どうしても大手はフィジカル優先の仕組みを崩せないですから、IT企業にやられちゃうわけです。でもIT企業は音楽が作れるわけじゃないですし、アーティストのマネージメントができるわけでもない。だから本当はウチみたいなところがやらなくてはいけなかったんですよね。一応2年ぐらい様子を見ていましたが「なんで誰もやらないんだろうな?」とずっと思っていました。

—— じゃあ、誰もやらないから自分たちでやろうと?

大谷:そういうことです。クラウドファンディングで一番必要なのは宣伝ですが、僕は宣伝の中で、音楽業界の宣伝が一番大変だと思っているんですよ。普通のメーカーの商品は「これは嫌だ」とか「やりたくない」とか文句を言いませんから(笑)。

—— 車や家電はプロモーションを嫌がったりしないですからね(笑)。

大谷:なおかつ音楽業界は競争が激しいんですよ。発売タイトルに対してメディアの掲載枠が少ないです。少し話しは逸れますが、僕は飲食業もやっていて、なぜこれが上手くいっているかと言うと、宣伝マンがいるからですよ。飲食業界にあまり宣伝マンっていなくて、なおかつ飲食の方がプロモーション枠は大きいんです。例えば、昼間の情報番組とか雑誌とか媒体が多いですから。それに比べたら音楽業界はすごく大変です。小さいパイを取り合っていますからね。

—— おまけに商品サイクルが短いですよね。

大谷:あと、音楽の好みはみんな違うからセンスは問われますし、ただ宣伝すればいいわけじゃないですから。そういった中で考えると、LD&Kはアーティストを扱っていますからメーカーというよりも、事務所機能が先に立っています。アーティストにどうやって活動させながら音楽で生活させていくかをまず考えないといけないので。メジャーさんは売れなかったら切ってしまえばいいかもしれないですが、事務所はなかなかそうもいかなくて、長い目でみないといけないんですよね。そうした場合にメジャーも別に悪くなくて、使えるときには使ったほうがいいです。要するにアウトプットなので。そういった機能の中に、補完する意味でクラウドファンディング的なものがないと、トータルでの音楽業界は成立しないんじゃないかと思います。

—— 今後、レコード会社は音楽制作の資金が出せなくなる?

大谷:出せるところは出せるんでしょうけど、だいぶハードルは上がりますよね。では、大手に入れなかったらみんな音楽やめるのかというと、決してそうはならないと思うんですね。楽しむことを目的にしているプレイヤーもたくさんいますし、表現するにしても色々な人がいますからね。そういう中で「LD&Kこそがやるべきだ」というスタンスで、「we fan」というプラットフォームを作ることになりました。言ってしまえば、こういうことをやるためにミニマムなインフラを作り続けてきたというのはありますからね。でも実際は5年くらい遅い。もう少し早く来るかと思ったんですけどね、音楽業界のシステムが。僕はこういう時代が来るなと思って20年間ずっとやっていますからね。